達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

目下の私の信頼するコーチは・・・小祝さくらの「タオル挟み連続写真」なんだ。

スポンサーリンク
 

ここしばらくはコースに出ずに

もっぱら練習場通いをしている。

 

前々回の記事で宣言したように

`’基本のキ`’から始めているところだからである。

 

f:id:t6911:20210426081021j:plain

 

体の手入れに始まり、アドレス、グリップを再チェック。

スイングに関しては小祝さくらのタオル挟み連続写真

今の私のバイブルとなっている。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 両脇にタオルを挟んでのスイング、

皆さんも一度は試した練習ではないでしょうか?

 

この練習法、私はとっくに卒業したと思っていたんだけど、

とんでもなかった。

場所を選ばず、面倒な道具もいらないこのベーシックな練習法が

今の私のスイングの間違い、勘違いを教えてくれたのである。

 

f:id:t6911:20210508121721j:plain

 

じっくり見てみる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#⃣ アドレス

 

タオルを挟むわけだから、当然脇を軽くしめなきゃならない。

● 当然手の位置は体に近くなる。

私の場合は、グリップと体の距離がプロに比べて遠い。

つまり脇が若干開いているということなのだ。

スタートの時点で私はもう間違っているということなのである。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

#⃣ テークバック

 

脇が締まっているので

手と体が分離していない。

● 一体化させて、三角形を崩さぬように

 ヘソを下に向けたまま、

 かつ右肘頭が外を向かないように胸をひねる。

これが、私にはちょいとキツイ。

手でヒョイと上げるのが一番いけないんだよね。

 

パワーが逃げないように、

インサイドからクラブを通せるように

● 体が右に流れないようにすることも大事。

プロの右腰の位置は微動だにしていない。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 #⃣ ダウンスイング初期

 

私が今集中して練習しているところが

ここから先のダウンスイングである。

小祝プロのキレのあるアイアンショット、

飛距離が出るドロー系のドライバーショットの

ポイントはここにあるといっても過言ではない。

 

● ダウンスイングでの右手は

 体の前ではなく右側に落とす(落ちる?)ことが肝だ。

 

プロはむしろ体の後ろ側にグリップを落としているように

見えるくらいである。

それを可能にさせるためにも、胸を右に向けるしっかりした

テークバックが必要であることは言うまでもない。

 

● 又、ダウンスイングの初期に

 プロの顏が右を向いていることにも気が付くでしょう

これもグリップを体の右側に落とすため、ドローを打つための

大切なヒントです。

ボールを打ちにいって右肩が前に出てしまうと

アウトサイドインのカット打ちでスライスになってしまう。

 

 

www.tatsujin72.com

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 #⃣ ダウンスイング後期

 

● プロの手が浮いていないことにも注目だ。

 常に低いところを通っている。

だからヘッドスピードが出るし強い球が打てる。

つまり、よく言う、「低いところから低いところ」へだ。

 

そして、

ダウン後半からフォローでは

● 手がずっと体にまとわりつくようなイメージ、

 つまり手が体を擦るくらい近くを通すことが大事。

 

f:id:t6911:20210508162406j:plain

 

その意識を持てば、しっかりフェースターンが出来るし

ドロー系の球が打てる。

飛球方向に放り投げるような、突き出すようなスイングでは

左脇が開き、決してドローは打てないのだ。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

フルスイングしても決してタオルが落ちない

小祝さくらのこの連続写真が

目下の私の信頼あるコーチとなっている。

 

 

スポンサーリンク