達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

松山英樹の次に世界を狙える逸材は、間違いなくこの二人だ!

スポンサーリンク
 

松山英樹の次に

メジャーを勝てる可能性がある選手は誰?

 

 

 残念ながら石川遼でも今平周吾でも星野陸也でもない。

 

それはズバリ!!

 

金谷拓実(22:フリー)と

中島啓太(20:日体大)だ。

 

           金谷拓実

 

もちろん、私の私見だが、同意見の方もきっと多いと思う。

 

今週の「東建ホームメイトカップでは、

金谷が優勝【ツアー3勝目(アマチュアで1勝)】、

アマの中島が1打差の2位と堂々の優勝争いを演じた。

 

このことが何よりも二人の実力を証明している。

他のプロが霞んで見えるほど、二人の実力は一歩も二歩も

抜きんでていると言っていい。

 

           中島啓太

 

二人のキャリアは申し分ない。

 

金谷拓実

2015年:日本アマを17歳51日の史上最年少で制覇。

2018年:アジア・パシフィックアマチュア選手権で優勝

    翌年マスターズに出場し、予選を通過。

2019年:三井住友VISA太平洋マスターズで史上4人目のアマ優勝。

2020年:10月にプロ転向、同年11月にダンロップフェニックスで

    プロ初優勝。

 

そして今回の勝利、プロ5戦で2勝、本物である。

 

www.tatsujin72.com

 

中島啓太

2018年:オーストラリアンアマチュア選手権優勝

同年: アジア大会の代表として団体、個人の金メダル獲得

 

 

www.tatsujin72.com

 

#⃣  松山英樹とこの二人は

  輝かしい共通点を持っている。

 

それは、

 

世界アマチュアランク1位を獲得した

ことがあるという点だ。

 

初めて世界アマチュア1位になった年齢(ランキングの日付)


松山英樹 20歳5ヶ月7日(2012年8月1日)
金谷拓実 21歳3ヶ月5日(2019年8月28日)
中島啓太 20歳5ヶ月1日(2020年11月25日)

 

 アマチュアといえどもどれだけの競技ゴルファーが

世界にいることか、

 たとえ短期間といえど、世界1位を獲るということは

並大抵のことではない。

それがどれだけ凄い事か、想像しなくたって分かる。

 

この3人は確実に選ばれしゴルファーなのだ。

 

スポンサーリンク
   

 

金谷と中島の言葉の端々に`’世界`’というワードが出てくる。

二人が見据える先は日本ではなくそこなのだ。

それが彼らの強烈なモチベーションであり、

ハードな練習と鍛錬を支えるエネルギーなのだ。

 

金谷は大学の先輩でもある松山の背中を追い

中島はその金谷の背中を追いかける。

そして着実に確実に進歩を遂げた。

 

 彼らを見続けて約4年、

さあ、機は熟した。

 

⛳ 松山の次に世界を驚かせるのは君たちだ。

 

スポンサーリンク