達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

女子プロの飛距離がすごい事になってるって話と「稲見萌寧」のあまりにも男前の話。

スポンサーリンク
 

ウソだろ!

 

 

思わずその記事を二度見してしまった。

4日間平均飛距離が323ヤードだって。

プロとは言えど、今、女子の飛距離はこんななの?

 

その驚異的な飛距離を叩き出した女子プロとは・・・

 

先週行われた米女子メジャーANAインスピレーション」

で初勝利を飾ったパティ・タバタナキットだ。

タイ出身の21歳の新鋭プロである。

 

f:id:t6911:20210407071814j:plain

 

開催地の

⛳ ミッションヒルズ(カリフォルニア州気温も高く、

  乾燥地であるといっても323ヤードは凄いよね。

 

f:id:t6911:20210407071523j:plain

     鍛えられているのが分かるし、しかも柔らかい。

  

米女子プロの平均飛距離スタッツを見ると、

彼女は283,786ヤードでツアー2位にランクされている。

これだってスゴイことだ。

日本の男子プロだって平均でこれだけ飛ばすプロは

そうそういないだろう。

 

ちなみに1位は

フィリピン出身のビアンカ・パグダンガナン(22)で

285ヤードである。

日本の女子プロの平均を50ヤードオーバーしている。

 

男子のデシャンボーも飛距離革命を起こしたけれど

女子も知らぬ間に恐ろしいことになってるようだ。

 

 

スポンサーリンク
 

 

ゴルフは飛距離がすべてじゃないとは言えど

圧倒的なこの飛距離差は絶望的ですらある。

とはいえ、「羨ましい~」って指をくわえていては

余りにも情けない。

 

当たり前だが、飛ばせる人が必ず勝つわけではないのが

ゴルフである。

飛ぶってことは、曲がれば半端ないってこと。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

日本女子が世界で勝利するためには、

100ヤード以内の精度(2打で上がれるくらいの)と

1ピン以内のパッティングそして完璧なコースマネジメント

必要と言われるが、しかし、もっと大事なものは

強靭なメンタルかもしれない。

 

その強靭なメンタルを証明し、結果に示したプロがいる。

先週日本ツアーで逆転優勝を遂げた稲見萌寧(21)だ。

 

f:id:t6911:20210407093233j:plain

    今年5戦2勝、通算4勝目を挙げた稲見萌寧に注目です。

 

インタビューに答えた彼女は、

【普段メンタルは強い方じゃないけど、

 究極に追い込まれたら大丈夫。

 私はプレッシャーがかかればかかるほど

 自分の力を出し切れると思っているので

 この位置にいても緊張しないし、

 むしろプレッシャーがあったほうがいい】

と語っていた。

 

私は感心した。

なんと頼もしい。

なんと男前。

これこそ、勝利者のメンタルといえる。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

10ヤード飛距離を伸ばす努力をショートゲームに振り分けし、

メンタルを強くする訓練を地道に自身に落とし込んでいく。

そこに大きなチャンスが生まれる。

 

このことは、最終日スコアを伸ばせない、

勝ち切れないプロだけの話ではない、

100切りや90切りの前で立ちすくんでいる

マチュアにも当然当てはまるでしょう。

 

スポンサーリンク