達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

週末の小ドライブ:食パンの香りを乗せて、山あいの町へ。ランチは絶品とんかつだ。

スポンサーリンク
 

4月3日、土曜日。

珍しく、私と妻の休みが重なった。

「せっかくだから、何処かに出かけない?」

「いろいろ買い物もしたいし」と妻。

 

 

「いいよ」

幸い、天気も悪くない。

決まりだ。

 

まずは洗車だ。

先日の黄砂で黒の愛車はみっともない有様である。

ついでに給油を済ます。

 🚙  🚙 🚙 🚙  🚙 🚙

次は、

パン大好きの妻の頼みで駅前のデパートへ向かう。

車で待つこと40分、

限定販売の大阪堺、泉北堂の`’極み食パン`’をゲットした妻は

上機嫌で戻ってきた。

ヤレヤレだ。

 

車内に、バターと牛乳のいい香りが広がった。

🚙  🚙 🚙 🚙  🚙 🚙

さあ、本番、出発だ。

 

行き先はずいぶん悩んだ。

近すぎてもつまらないし、遠すぎても疲れる。

残り桜も楽しみたいし、

美味しいランチを食べられれば尚更いい。

 

決まった先は鳥取市内から約40分、

鳥取県の南東部に位置し兵庫県岡山県に接している

若桜(わかさちょう)である。

城下町から宿場町となった歴史と文化が残る町だ。

 

大型バイクの「隼」と同名ということから隼ライダーの聖地と

なっている隼駅、「男はつらいよ」のロケ地である安部駅などをもつ

若桜鉄道の終着駅でもある。

 

f:id:t6911:20210403145712j:plain

 

また、ドラマ浅見光彦シリーズ鳥取雛人形殺人事件」

登場した町でもある。

古いドラマだが、いまでも時折り再放送されているので

ご覧になった方も多いはずだ。

 

f:id:t6911:20210403081917j:plain

 

スポンサーリンク
   

 

 

林業と観光に頼るこの町の人口は

1960年代には1万人近くいたものの今は3000人弱、

移住定住の推進や子育て支援の充実をはかってはいるが、

少子化や転出超過による人口減少が止まらないのが現状である。

 

f:id:t6911:20210403145816j:plain

           若桜駅

 

解消すべき課題は山積しているが、美しい自然、古い町並み、

歴史的建造物、若桜鉄道のSLを使ったイベントは魅力的だし、

冬はスキーが楽しめる。

特産のお米、エゴマ、吉川豚やジビエ料理も高評価だ。

 

f:id:t6911:20210403145840j:plain

 

だから、何とも勿体ない。

まずは、この町を多くの人に知ってもらうことだろう。

 

f:id:t6911:20210403145640j:plain

 

しばらく町を散策する。

昔の記憶を呼び覚ますような佇まいが色濃く残る、

そして、なぜか懐かしい。

 

 ランチはダイニングカフェ新ARATA)に決めた。

吉川豚を使ったトンカツで名の知れた店である。

迷わずとんかつ定食をオーダーした。

 

キメが細かく柔らかい肉質で適度に脂ののったロースを使用、

揚げ油に米油を使っているので

油キレが良く、サクサクとした食感だ。

かなりボリュームもあったが、二人共ぺろりと平らげた。

 

f:id:t6911:20210403145552j:plain

  

その後、道の駅:若桜「桜ん坊」に立ち寄り、

地元産のお米とこごみを買って

帰路へ。

 🚙  🚙 🚙 🚙  🚙 🚙

 心も体も満ち足りた週末の小旅行、

 

若桜・・・ゆっくりじっくり何度も味わいたい町だ。

 

車内に満ちる食パンの甘い香りに誘われたか?

「夜はパンにしようかな」と言って妻は笑った。

 

f:id:t6911:20210403145514j:plain

 

あいにく明日は雨の予報、

🌸 桜の季節もそろそろ終わる。

 

スポンサーリンク