達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

3ホールで終わった今年の初打ち。急転直下の気まぐれ天気に仲間は嗤う。

スポンサーリンク
 

昨日は夜まで長雨で、

そして明日からは又雪の予報。

そうなれば初打ちはまたまた先のことになる。

今日の予報は曇りだった。

                              

私もゴルフ仲間ももう待ちきれない。

「よし、今だ!!」 と、

天気の間げきを衝き今年の初打ちを決めた。

 

しかし、

今朝は曇りどころか、雨に時折り雪が交じり、

風はハンパなく冷たく痛い。

 

やっぱり今日はキャンセルにするべきか?

私は迷いに迷った。

  ????????????

 

だれか、「止めようよ」とラインでもくれれば

フンギリがついたんだけど、だれからも連絡はない。

 

決めた!

行こう!

 

f:id:t6911:20210216133630j:plain

 

他の3人もちゃんとコースにやってきたが、

その3人が私を見た途端口を揃えた。

「中止の連絡を待っていたのに・・」

「こっちもだよ」 

全員苦笑い。

 

もうここまできたら、やるしかない。

 

しかし、雪交じりの風はますます強くなり

背中を丸くしたオジサン達は「寒い、寒い」の連発だ。

 

マスター室のお兄さんは

「カート道路に雪が積もったら危ないですから

 気を付けて下さい」

 

「タイヤ滑って谷に落ちちゃったらいけないんで」

と脅かす。

 

とりあえず、

ハーフやってからそのあとは考えようと決めて

インからスタートした。

 

 ⛳⛳⛳⛳⛳ ⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳

 

手がかじかんで、

なかなかティーアップできないほどだったが、

なんとか10番ホールは終了させた。

 

f:id:t6911:20210216133715j:plain

 

続いて、11番。

さらに風雪は勢いを増してきた。

グリーンも薄っすらホワイトだ。

 

f:id:t6911:20210216133652j:plain

 

そして12番ショート。

結局、ここでプレーを断念。

グリーンを転がるボールがだんだん大きくなるようじゃ

あきらめなきゃいけない。

 

マスター室に連絡を入れ、誘導をお願いする。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「しょうがないよ」

「こんなこともあるよ」

「いつか話せる思い出が出来たよ」

 

その通り、しょうがないのだが、

 

何と皮肉なことか⁉

クラブハウスに戻った途端、

雪は止み、北の空が明るくなってきた。

本当にウソみたいな展開だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「出来たね」

「出来るね」

「しょうがないよ、そんなもんだよ」

 

「人生と同じだね」

小太りの友人が言ったけど、全員、それは軽く無視だ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず3ホールだけだけど

報告をしておこう。 

 

スポンサーリンク
   

 

⛳ IN  (par35)

 10番ミドル : 3オン2パットのボギー

11番ロング : 3オン2パットのパー

12番ショート: 1オン2パットのパー

 

3か月ぶりのコース、寒さと風ではあったが

自分でもビックリするぐらいショットは良かった。

11番、12番と3メートルほどのバーディトライも出来た。

この条件なら文句なしだ。

 

帰り際、

 

「今日はプレー代は頂きません」とフロントのお姉さん。

私は、`’雪はゴルフ場のせいじゃないのに`’みたいな

善人ぶった顏をしてみせたが、即座にありがたく受け入れた。

 

私の今年の初打ちはわずかこの3ホールで終わった。

明日からは雪。

ちゃんと18ホール回れる日はいつになるのだろう?

 

仲間たちに「又、連絡するから」と別れた帰り道、

笑っちゃうくらいの青空がフロントガラス一杯に広がった。

 

スポンサーリンク