達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

雪が舞う午前5時の30ヤード:基本練習をただひたすらに!

スポンサーリンク
 

若い人風に言えば、「めっちゃ、寒い」だ。

雪もちらつき、風も舞う。

 

 

ピーンと張り詰めた冷気、

手に息を何度も吹きかける。

 

f:id:t6911:20210119081325j:plain

 

夏の午前5時ならまだしも厳冬の午前5時はオッサンには

やっぱりキツイ。

ここのところ、「午前5時の・・・」のタイトルでいくつか記事を

載せたばかりに引っ込みがつかなくなった。

 

年寄りの冷や水

因果応報。

自業自得。

・・・・・

 

歳をとると皆早起きになる!?

 

若い時分は「ホンマかいな?」って思ってたけど

・・・「ホンマ」だった!

夜中は若者の領分で早朝は年寄りの領分、

これは天の配剤か。

早起きは早寝だからであろうが、

なんだかんだ、

私はこうして又、

午前5時にここにやってくるだろう。

 

f:id:t6911:20210119081404j:plain

 

 グダグダ言ってても始まらないので

いつも通り、58度のウェッジから。

 

約30ヤードの上げるアプローチで体を温める。

 


午前5時の30ヤード

 

スイング幅は右腰から左腰までだが、

でも実際は惰性でもう少し大きくなる。

 

ボール位置はスタンスの真ん中。

 

小さなスイングでも微妙に体重移動はある。

一番いけないのがすくい打ちだけど、

上からドンと打ち込むのも良くない。

距離感も合わないし、ダフりやすくなる。

意識とすれば、

ヘッドが低いところから低いところに抜けていく

イメージだろう。

球を上げようとすることが大抵ミスにつながると心得るべし。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

`’基本のキ`’といわれる30ヤードのアプローチ。

100を切れないと嘆くゴルファーは

この練習がまったく足りないと断言しよう。

 

これがまずまず打てるようになれば

スイングの振り幅、インパクトの強弱で

前後の距離も打ち分けも出来るようになり。

グリーンを行ったり来たりしてスコアを無駄にすることも

なくなるはず。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

今日はドライバーなどの大きなクラブは

一発も打たなかった。

こんな日、まったく飛ばないことは分かっているし、

それをムキになって打ち込む愚は避けたいからね。

 

スポンサーリンク
   

 

ゴルフはグリーンに近づけば近づくほどショットの

精度を求められるゲームだ。

だから、

冬の練習はショートアイアンとウェッジの練習がベスト。

大きいのを振り回して体を痛めたら泣くに泣けないからね。

 

スポンサーリンク