達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

オヤジゴルファーはせっせと励む、早朝5時のゴルフレンジ。

スポンサーリンク
 

今日はコースに出る予定だったが、

急遽中止。

仲間の一人から「ごめんなさい」のメールあり。

  

商売をやってりゃこのご時世だ。

ゴルフに出かけるのもハバカラレル時もあろう。

「了解、又」と返信。

 

だから、今日は練習日に変更。

 

f:id:t6911:20201204070041j:plain

朝、5時すぎのいつものゴルフレンジ。

2,3人パラパラと・・・・いつもの人だ。

遠目からでもそのスイングで分かる。

 

私はいつもの場所に陣取ってバッグから

6番、8番、52度、58度を抜き取り

しばらく素振りをくれてやる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まずは、58度から取り掛かる。

いつものルーティンだ。

自分で言うのもなんだが、ウェッジはなかなかのもんだ。

転がしからのピッチショット、30ヤードのピッチエンドラン、

バンカーショットのアドレスを確認してから52度へ。

 

今は56度を抜いているのでこの52度の役割は重要である。

60ヤードくらいから90ヤードくらいまでの距離感を

身体と手に染み付けるようにタップリと。

 

f:id:t6911:20201204070336j:plain

 

そして次は8番アイアンだ。

実はこのアイアンの一発目が私にとっては大切なんだ。

乾いた音で、8番なりの高さが出て、130ヤード過ぎに落ちれば合格。

それが出来なければ又格闘が続くというワケだ。

 

そのショットでその日の調子がいいか悪いか、

身体の動きが上手くいってるかどうか占える

大事なアイアンが8番である。

 

最後は6番アイアンだ。

これが良ければ、本当に気持ちよく帰れるんだが

なかなかそんな日はない。

球の位置、手の位置、体重配分、クラブをしっかり立てて、

左で引っ張り下ろすと同時に体をターン・・・

こうして書けば簡単だが、実際はそううまくはいかないけどね

 

スポンサーリンク
   

 

とにかく

私はインパクト時のにこだわりたい 

 

練習場では多少ダフってもソールが滑る、

でもコースじゃそうはいかない。

とにかくキッチリ当てる。

乾いた音がナイスショットの証だ。

 

 右手グリップを左に詰めるけど

きつくなり過ぎないように、

テークバックをインに引きすぎない、

ダウンで右肩を落とさない、

腰を素早く水平回転をする意識・・

 

これらを一瞬のうちにこなさないといけないから

ゴルフはヤッカイで難しい。 

  

f:id:t6911:20201204070150j:plain

 

ドライバーは打たないようにしている。

そんなに飛距離は出るほうではないが、

曲がらないのが私の小さな自慢。

 

だから打たない。

 

この時期、寒さや雨で飛距離はどうしたって落ちる。

一旦手にすれば、

アレ!アレ?って言いながら

ムキになって振り回すのがおちだ。

 

・・・だから打たない。

 

 

これから本格的な冬、

今年は雪が多いという予報もある。

コースに出ることも難しくなるだろう。

 

モチベーションの維持も大変だし、

布団からなかなか抜け出せない朝もあるだろうけど、

 

`’休むと錆びる`’

だからせっせと練習場通い。

 

来春は皆をアッと言わせるように。。。

 

`’静かに老いる`’

穏やかで素敵な響きだけど

私の柄じゃない。

てか、マッピラごめんだ。

 

スポンサーリンク