達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

女子は原英莉花が完全優勝、今週は男子‘’ゴルフ日本シリーズJTカップ‘’18番ショートは必見!

スポンサーリンク
 

国内女子ゴルフの今季最終戦

メジャー第3戦【LPGAツアー選手権リコーカップは、

原英莉花が初日から首位を譲らず完全優勝を遂げた。

 

 

これで今季2つ目のメジャー戴冠、

いよいよ大器が目覚めたようだ。

原に火をつけたのは、

畑岡奈紗ら同期の黄金世代の活躍はもちろんだが、

もう一つは同門(ジャンボ尾崎が師匠)の笹生優花の存在だろう。

その爆発的な飛距離を活かした攻めであっという間に

2勝を挙げた彼女に刺激を受けないわけがない。

ジャンボの女性一番弟子としてのプライドではないか。

 

f:id:t6911:20201129171502j:plain

 

このメジャーでの完全勝利はきっと自信になったでしょう。

世界ランクも大幅に上がるはず、

来季は世界に羽ばたいて欲しいね。

 

#⃣ 3連勝は叶わなかったが、

2位に食い込んだ古江彩佳の実力は本物だ。

本当に凄い。

 

f:id:t6911:20201129172212j:plain

3位タイに入った同じミレニアム世代の西村優菜もそうだが

小柄な彼女たちのゴルフは、飛距離礼賛ゴルフとはまた違った

魅力あるゴルフへのアプローチの仕方を教えてくれている。

 

www.tatsujin72.com

 

ミレニアム世代の中で一歩も二歩も前に出た印象の古江彩佳。

彼女の活躍はアマ時代の実績では群を抜いていた安田祐香の目に

どう映るのだろう。

 

スポンサーリンク
   

 

 

#⃣ 前週は5位、今週は優勝には届かなかったが今季最高位の3位タイ、

渋野日向子はやっと長いトンネルから抜け出たか。

積極プレーもスマイルも徐々に戻ってきた。

前向きな気持ちで来季に向かえるだろう。

 

f:id:t6911:20201129171405j:plain

 

 //////////・////////////////////・////////////////////・//////////

 

 一方、男子ツアーは年内最終戦

【ゴルフ日本シリーズJTカップ

今週開催されます。

 

昨年は石川遼が最終日66の好スコアを叩き出し

8アンダーで並んだブラッド・ケネディ(オーストラリア)と

難関名物ホール18番(PAR3)で繰り返されたプレーオフ

その3ホール目、手前3メートルのバーディパットを見事に沈め

劇的優勝を遂げ完全復活を印象付けた大会である。

 

今年も30名の精鋭それぞれ、

風の読みとソリッドなインパクトが求められる200ヤード超え、

グリーンは急こう配、横に付ければ正確なラインとスピード読みと

超繊細なタッチが必要で、上に残せば50センチでも手が震えそうな

ガラスのグリーンの18番をどう攻めるのか?

 

f:id:t6911:20201127180554j:plain

 

 この一ホールでその選手の力量が分かる。

ショット力、アプローチ力、パッティング力、

それらの技術に加え、豊かなイメージ力を持っているかどうかだ。

 

f:id:t6911:20201129074835p:plain

 

この最終18番ショートが今大会の醍醐味であるし、最大のウリである。

私ならずも多くのゴルフファンが最も楽しみにしているシーンでしょう。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来の実力からすれば、

石川遼、今平周吾、金谷拓実、星野陸也、チャン・キムあたりが

優勝候補に挙げられるが、堅実な時松隆光や稲森佑貴も

決して侮れない。

 

さて今年は?

 

www.tatsujin72.com

    やっと出てきた木下稜介、彼にも頑張ってほしいね。

 

 

www.tatsujin72.com

 

 コロナ禍で揺れたゴルフ界、

うっ憤と閉塞感を吹き飛ばすような痛快プレーを

見せてほしい。

やっぱりゴルフは面白いって思わせてほしい。

 

今年最後の男子プレーを見届けましょう!

スポンサーリンク