達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ZOZOチャンピオンシップ振り返り:日本人選手と外国人選手との『近いようで遠いもの』

スポンサーリンク
 

 


ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド

 

     f:id:t6911:20201021112322j:plain

 

残念ながら、期待の石川遼は浮上出来ぬまま

下位に沈んだ。(5アンダー・63位タイ)

感覚ゴルフの石川は良い時は良い、見張るものがある。

が、

感覚が少しでもズレると簡単にボギーを叩く。

なぜか、淡白なプレーに写る。

もう少し丁寧なゴルフができないか、

もっともっと一打を大事にできないか、

彼のプレーを見ながらそんなことを思った。

 

f:id:t6911:20201026144126j:plain

 

逆に松山英樹はもう少し力を抜き

大ざっぱ感が多少でもあればどうだろう?と思うが

やっぱり最後には底力をみせる。

誰が何と言おうとそれが松山のゴルフなんだってことだろう。

 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

8人出場した日本人選手で

最上位が松山英樹で13アンダーの28位タイ、

次に小平智の12アンダー35位タイ、

3番目が金谷拓実の11アンダー41位タイである。

日本人選手の中で最も下位で終えた関藤に至っては

1オーバーの75位である。

優勝したパトリック・キャントレーとは実に24打差がある。

予選カットの無い試合だったので逆にこの差は辛く遠い。

 

f:id:t6911:20201026143921j:plain

 

もし、予選カット(2日目終了時)があれば、

日本人選手8人のうち5人は落ちていたであろうこの試合、

この結果にみる外国人選手と日本人選手との差とは何だろう?

 

           👇

 

ショットの正確性、アプローチのイメージ力、

外しちゃいけないパットを入れ切る技量と

タフかつ繊細なハート。

特にパッティングにおいて大きな差があるような気がする。

芝の種類、複雑な傾斜、高度なライン読みも求められる。

日本人上位の松山、小平、金谷はやはり海外での試合経験が

豊富であるからか。

           👇

実力の差と言ってしまえばそれまでだが

結局は執念譲れない自己のプライドがあるかないかだ。

 

`’獲物を執拗に追いかける執念`’

`’あいつには勝つ、オレが負けてたまるか`’

`’オレの方が絶対上手いんだ`’

「仕方ない」という言葉を使わない強い意志。

 

私はそこに大きな違いがあるような気がしてならないのだ。

狩猟民族と農耕民族の違いであるなんてことは

短絡すぎるけど、ゴルフというスポーツが

すべて【狙う】という言葉に集約できる競技であれば、

それも一つの理由になる気もする。

 

f:id:t6911:20201026145032j:plain

 

「距離も短いし、キレイなコース。

グリーンは小さいようだけど、

しっかりティーショットをフェアウェイに置けば

一日5アンダーくらいは・・・」

試合前、ある日本人選手が練習ラウンド後

インタビューにこう答えていた。

 

そんなに上手くいくかな?

そう思っていた。

実際にそう出来たとしたら立派に優勝争いを

していたはずだ。

 

練習ラウンドと本番は違う、何もかも違う。

スコアが記され、順位も付く。

ゴルフはコースとの闘いとはいえ、

同伴プレーヤーにも左右されないはずはない。

そもそも緊張感も一打へのプレッシャーも

本番と練習ラウンドでは段違いだ。

 

そもそもゴルフってのは

やる前からスコアなんて計算できないスポーツってこと。

一日5アンダーなんて豪語してるうちは

まだまだ世間知らずの甘ちゃん日本人プロゴルファーかな?

 

スポンサーリンク
   

 

しかし、まだ私は石川遼をあきらめてはいない。

これからも執念をもって追いかけますよ!

 

 

スポンサーリンク