達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

松山英樹クン、今はゆっくり休んで、すこし自分を甘やかしたらどう?

スポンサーリンク
 

松山英樹クン

 

しばらく、ゆっくり休みましょう。

クラブ握らず、ただボーっとするがいい。

体、心、頭に今は休養が必要です。

 

 

想像を超える難コースで行われた全米オープン

松山は、最終日優勝を狙える位置でスタートするも

又もや、そのとてつもない厚い壁に跳ね変えされた。

 

f:id:t6911:20200914085703j:plain

 

全てはスタートホールのダブルボギーだった。

ダボは3つバーディを獲らないとマイナス(アンダー)にならない。

せめて、ソローっとスタートして、

せめてボギーで上がって欲しかったな。

 

松山の心情を勝手に想像する・・・・

 

‘’マシューウルフはまだ若い、経験値はオレの方が高い‘’

 

‘’ブライソン・デシャンボーは、飛ばせば飛ばすほどフェアウェイに

置くことは難しくなるだろう。

ラフの連続できっと我慢が出来なくなる‘’

 

‘’ロリー・マキロイ、ジャスティン・トーマス、

ダスティン・ジョンソンらビッグネームは

自分より下にいる‘’

 

‘’メジャー獲りの大チャンスだ!‘’

 

早く追いつきたい、

出来ればバーディでいい流れを作りたい・・・

//////////////////////////////////////////////////////////////////

 

でもこのコースは、

松山の気負いと多少の焦りを

決して許してくれなかった。

 

デシャンボーは完璧なプランと

圧倒的なパワー、絶妙なパッティング

今まで見せたことのない

冷静さをもってこのコースをねじ伏せた。

 

たとえ、松山がいいゴルフをしても

この日のデシャンボーには追い付けなかっただろう。

松山の日ではなかったということだ。

 

スポンサーリンク
   

 

日本人3人目のPGAツアー勝者の

今田竜二氏がコメントした。

「松山はもう少し自分に優しくなれ」

私もそう思う。

完璧を求めすぎる松山の姿勢は

プロとしてもちろん間違ってはいない、

ただ、ゴルフには完璧がない。

傾斜、風、ちょっとしたイタズラもあるし、

運もある。

パットも入るか、入らないかのどちらかだと

割り切りも必要だろう。

長いアドレスも功罪半ばだ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松山は敗れたりといえども

堂々の17位。

世界のトッププロであることは疑いようがない。

  

<勝つ時は勝つし、負ける時は負ける>

気を張り詰めないで、

ちょっぴりアバウト気分のゴルフで

次の試合に向かおうじゃないですか。

 

例えば、私の敬愛するオヤジゴルファーの

ミゲル・アンヘルヒメネス みたいにね。

 

www.tatsujin72.com

 

ねえ! 松山クン。

 

 

スポンサーリンク