達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

全米オープン決勝ラウンド:誰が我慢しきれるか?最もタフな男は誰なのか?

スポンサーリンク
 

私なら

いったいどれくらい叩くだろう?

 

 

全米オープンの舞台、

難解極まる  【ウイングド・フットGC

 

f:id:t6911:20200919183047j:plain

 

我々ならパーオンがまず難しい。

運良くティーショットがフェアウェイに運んでも

残った距離が長すぎるし、

ラフに入れてしまえば掻き出すことも相当難儀で

ボギーオンなら大、大、大成功。

乗せてもそこからが大変だろう、

3パットが当たり前で

行ったり来たりの

4パットや5パットもやらかしそうだ。

もし、パーが一つでも獲れたなら

狂気乱舞のお祭り騒ぎ、

きっとそうなる。

 

狭いフェアウェイ

サディスティックな深いラフ

コブだらけで超高速グリーン

えげつないピン位置

 

試合前にウェブ・シンプソンは、

「72ホール、誰がキレずに頑張れるか、

メンタルのマラソンのようなものだ」と表現した。

 

ゴルフは自分との戦い、

ゴルフはコースとの闘い

全米オープンはゴルフの神髄を思わせる。

 

スポンサーリンク
   

 

予選ラウンドが終了し、期待の金谷拓実は

通算7オーバーで1打足らずの予選落ちだった。

 

f:id:t6911:20200919183254j:plain

 

8月のメジャー全米プロの覇者、コリン・モリカワも7オーバー、

昨年の全米オープンに勝ったゲーリー・ウッドランドは8オーバー、

タイガー・ウッズジャスティン・ローズはともに10オーバー、

フィル・ミケルソンは13オーバー、

ジョーダン・スピースは14オーバーだ。

それだけタフな戦いだったのだ。

 

ゴルフの難しさとプロになるという覚悟を

金谷に改めて教えてくれたに違いない。

しかし、彼の持つポテンシャルは疑いようがない。

これからも彼からは目が離せない。

 

残る日本勢3人は予選突破を果たし、

とくに松山英樹は優勝を狙える位置で決勝ラウンドを迎える。

 

f:id:t6911:20200919183355j:plain

我慢比べは松山にとってお手の物、

耐えて、耐えて、トップに食らいつけ!

 

このコースのゴルフディレクター、スティーブ・ラビドー氏は

「優勝スコアは8オーバーだろう」とコメントした。

 

さて、優勝は誰の手に?

そして、優勝スコアは?

 

スポンサーリンク