達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

フジサンケイクラシック:星野のプレーもシャツも目立ってた。気になるのが石川遼だ。

スポンサーリンク
 

星野陸也 

強くなりました、

逞しくなりましたね。

 

 

以前のボンヤリした顔つきが

勝負師のそれに変わり

‘’勝ちたい、勝つんだ‘’という強い意志が

こちらまで伝わってきた。

プロの領域ではこの気持ちの持続が

最も大事なものだと私は信じている。

 

加え、飛距離やパッティングも

より磨きがかかっていた。

最終日はショットが荒れ気味だったものの

粘りのゴルフで見事に勝ち切った。

f:id:t6911:20200906192915j:plain

 

スポンサーリンク
   

 

それにひきかえ、

期待の石川遼はあえなく撃沈。

f:id:t6911:20200906192812j:plain

‘’コースマネジメントをしっかりして・・‘’と

石川は口にしたけれど、

残念ながら徹底出来ていなかった。

やはりどこかで飛距離を欲しがってる。

 

多少曲がってもグリーン近くにもっていけば

パーは獲れる自信はあるのだろう。

・・・だから振り回す。

 

やさしいコースならそれも出来るだろうが

セッティングの難しい今回のコースや

欧米のコースではそうはいかない。

 

 /////////// /////////// /////////// /////////// ///////////

 

 石川のゴルフはターゲット意識が薄く

アッサリしたゴルフに見えてしかたない。

ボギー叩いてもバーディ獲ればいいじゃないかじゃなく、

もっとパーを大事に獲りにいくゴルフ、

良いときと悪いときの差があるバラツキプレーじゃなく、

もっとしつこく粘れる大人のゴルフ、

石川もそろそろそんな年齢にきたんじゃないかと思う。

 

才能は図抜けている、

それは誰もが認めるところだが、

技に溺れすぎてはいけない。

派手なイーグルじゃなく、愚直にパーを重ねていくゴルフ、

スコアは伸ばせなくても、決して落とさないゴルフ。

そんなゴルフが出来れば、石川はより魅力的になり

より強いゴルファーになるだろう。

 

f:id:t6911:20200907072007j:plain

それに比べ、

松山英樹のコースマネジメントは頑なである。

徹底してリスクを避ける。

それが出来なければスコアが出ないように

なってるのが米ツアーのコースである。

もちろん上手く行かない時もあるが

それを補う卓越した技術と集中力、

我慢し続けるハートの強さと体力がある。

そして何より強烈な向上心がある。

7年連続のトップ30がそれを証明している。

 

f:id:t6911:20200907075010j:plain

 

今月17日には

⛳メジャー、【全米オープン】が開幕を迎える。

松山のほか、日本からは今平周吾、金谷拓実、そして

石川遼がこの大舞台に挑む。

 

石川はどんなゴルフを見せてくれるのか?

アメリカで通用する道筋や余地は残されているのか?

私は祈る思いで彼のプレーを見つめることになるだろう。

 

スポンサーリンク
   

 

余談:

ずっと気になってたのは

星野が最終日身に付けていたウェアに書かれていた文字だ。

f:id:t6911:20200907071917j:plain

                   THE  JOURNEY TO BETTER

        DEDICATED TO IMPROVING YOUR GAME

 

「あなたのゴルフのさらなる向上のために力を尽くします」

 

これって、スリクソン(ダンロップ)の企業メッセージなんですね。

 

星野もダンロップもいい仕事をしたってことかな。

まさにウイン・ウインだ!