達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人のラウンド報告:濡れネズミたちは雨の中でそれぞれ光りを見つける。

スポンサーリンク
 

急なお誘いだったが、快諾した。

7月21日。

天気予報は曇りで午後から雨、

何とかいけるだろう。

 

コースはホームコースの旭国際の湖山コース(36・35)

白兎コースより断然水捌けが良いからだ。

 

スタート時は曇っていたが、

コース上には昨日の暑さがたっぷり残り、

湿気もきつい。

「カンカン照りよりもこれくらいがいいよね」

「そうだな」

「前いないからさっさと行こうぜ」

 

⛳ 8時32分、OUTからのスタートです。

 

f:id:t6911:20200723114409j:plain

 

1番パー4は寄せワンでパー、いいスタートがきれた。

2番は左ドッグレッグのハンディキャップ1の難しいパー4だ。

ティーショットはうまく打てたが、2打目をミス、

3打目のアプローチもショート、そこからの3パットでダボ。

サクッとボギーで通過したかった。

 

スポンサーリンク
   

 

今まで何度も告白しているが、私はショートパットがどうもいけない。

苦手だなんて口が裂けても言わないけど、割合ポロっと外す。

何が辛いって、仲間がそのことを知っているってことだ。

私がアドレスに入ると、彼らは息をひそめて、ヘッドの動きを凝視し、

外せ、外せと言わんばかりの圧をかけてくる(ような感じがする)

そして私は期待に応えて‘’クルリンパ‘’と外してやる。

 

その時、何らかの声を掛けてくれればいいが、

頭にくるのは、彼らの無言の薄笑いである。

こんな嫌な野郎たちといつも一緒に回っている。

 

f:id:t6911:20200723123254j:plain

    7番打ち下ろしのロング、晴れ間が覗いた。

 

3番から6番までパー、7番ロングでボギー、

8番はまた3パットでボギー、9番もボギー、

締まりのないゴルフでスコアは41だった。

 

f:id:t6911:20200723123138j:plain

       お昼はうな玉丼にしたよ

 

午後からは一転雨模様になった。

こんな時に限って天気予報は当たるんだ。

 

f:id:t6911:20200723124207j:plain

 

途中からは結構激しい雨に変わった。

余分な作業が増えて、集中力も鈍る。

プレーを切り上げた人たちのカートが何台も

クラブハウスに向かっているが

意地汚い我々は濡れネズミになりながらプレーを

続ける。

後半は1バーディ(17番ショート)4ボギーのスコア38だった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パッティングがもっと向上すれば

スコアももっと良くなるかというと

そんな単純なもんじゃないしね。

ゴルフは甘くないってこと、

ご同輩もきっと‘’ウン、ウン‘’と頷いてくれるでしょう。

 

ともあれ、

ギリギリとはいえ、PAR71とはいえ、久々の70台。

私の気分は悪かろうはずはない。

仲間たちもまずまずのゴルフで納得顏だ。

 

「今度は梅雨明けしてからだね」

「オーケー!」

 

若い(私より)濡れネズミたちは

急いでシャワールームに向かっていった。

スポンサーリンク