達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

今週の松山英樹は今最注目のあのデシャンボーと。‘’ロケットモーゲージ・クラシック‘’

スポンサーリンク
 

今週の米男子ツアーは

再開4戦目となる

【ロケットモーゲージ・クラシック】

 

 

2週前の‘’チャールズシュワブ・チャレンジ‘’では予選落ちだった

松山英樹にとっては再開後2戦目の試合となります。

 

 

f:id:t6911:20200701193357j:plain

         松山英樹

予選ラウンドの組み合わせも発表され

松山英樹は、ショットメーカーのパトリック・リード

そして今話題を独占しているブライソン・デシャンボーとの

興味深い組み合わせとなりました。

 

世界ランクをみると、リードが7位、デシャンボーが10位、

松山が23位と申し分ない実力の持ち主たちで注目必至です。

 

f:id:t6911:20200702065500j:plain

       パトリック・リード

 

ショットメーカーでパット巧者のリード。

もはや「ゴルフの科学者」からプロレスラーに転身したかのような

体格に変身し、信じられない飛距離増を成し得たデシャンボー。

 

f:id:t6911:20200701192629j:plain

     ブライソン・デシャンボー(左が現在)

 

ちなみに2019-2020年度の平均ドライビングディスタンスを

 紹介しておきましょう。

 

デシャンボーがランク2位の320.1ヤード

(1位はキャメロン・チャンプの320,8ヤード)

松山が41位の303,1ヤード

リードは138位の293,9ヤードとなっています。

 

スポンサーリンク
   

 

f:id:t6911:20200701192720j:plain

 

開催コースのデトロイトGC(ミシガン州)は距離のあるコース。

デシャンボーは大きなアドバンテージを手に入れ

この難コースをねじ伏せることができるか?

 

それとも距離は劣るが、ショット力とマネジメントで

勝負するリードか?

 

松山は少々パットに不安が残るが、相性のいいこのコースで

存在感を見せられるか?

 

3者3様の攻め方が一番の見どころでしょう。

松山には今週はぜひとも予選を通過して

週末にひと暴れしてほしいものです。

 

スポンサーリンク