達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人は今、先生の言うことをしっかり守る素直な幼稚園児になってます。

スポンサーリンク
 

 

病院の匂いや雰囲気は嫌いじゃないが

歯医者は何となく苦手だった。

 

 

診療台で海老反り、

‘’もうどうにでもして下さい‘’風だ。

 

目隠しをされたまま、口を大きく開ける。

無防備、極まりない。

 

そして若い女性歯科衛生士は優しくささやく。

「ハイ、起こしますね」

「一度うがいをしましょう」

私は一気に幼稚園の園児に戻される。

 

そして、最初に撮られたレントゲン写真は

いいかげん不気味である。

 

いい歳をして、今さらだけど、

素っ裸を見られるような気恥ずかしさだ。

 

f:id:t6911:20200528110503j:plain

 

私はその苦手な歯医者に二か月まえから

通っている。

 

原因は、差し歯が取れたから。

行かなきゃ、行かなきゃ、とは思っていたが

前歯じゃないし、

多少の違和感はあるものの、さして不都合はない。

みっともないが、行かない理由を探していた。

 

スポンサーリンク
   

 

ある日、

グズグズしている私に放った妻の言葉が響いた。

 

「ちゃんと行ってくださいよ」

「大事ですよ、歯は」

 

確かにそう、

間違いない。

 

「この際、全部診てもらったら」

「食べる楽しみ、無くなっちゃうよ」

「ゴルフにも良くないんじゃない」

「絶対あの時行っておいて良かったと思うから」

畳み掛けられた。

 

実際、その通りだ。

「ハイ、分かりました」

 

今は行って良かったと思っている。

何でも良くなっていくのは嬉しいものだ。

妻の強烈な後押しに感謝である。

 

もうしばらく、私は

聞き分けのいい幼稚園児になることにします。

スポンサーリンク