達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

コロナ後の新生世界を見てみたい、それまでみんなで頑張ろう!

スポンサーリンク
 

 

私は若い頃、死は遠い、遠い、遠い先のことで

ひよっとしたら、自分は死なないんじゃないかと

バカなことをうっすらと思っていたものだ。

 

f:id:t6911:20200507163843j:plain

          白兎海岸

 

そんな私もこの8月で67になる。

この忌まわしいコロナは私にとって

死というモノを正面から考える機会でもあった。

私はまだまだ元気だし、

他人からは若いと言われる(多分にお世辞だろうが)が、

人には寿命というものが必ずある。

これには例外はない。

寂しい話だが、

我々は毎日死に向かって今生きているということだ。

ある学者は‘’人は毎日少しずつ死んでいる‘’と言った。

だからといって人は自暴自棄になることもなく、

捨て鉢にはならない。

毎日同じようなことを繰り返して生きている。

何だかヒトってスゴイ。

 

成し遂げたいものがある?

それとも家族や子供のため?

死ねないから漠然と?

 

でも生きていくことに明確な目的や

理由があるかないかはそれほど重要じゃない

今、生きているってことが大切なんだと思う。

 

f:id:t6911:20200507185122j:plain

        鳥取宇部神社

 

人は生まれてきたら祝福され、

死ぬときは看取ってほしい。

いきなりこの世から引き離されるコロナだけは

勘弁してほしい。

寿命の前に持っていかれるなんてマッピラだ。

 

スポンサーリンク
   

 

 

コロナは人の生き方そのものや

社会生活や働き方に大きな変化をもたらしている。

大都市集中の問題もずっと以前からの懸念事項であったけど

このコロナで議論も再燃されるでしょう。

 

f:id:t6911:20200507165424j:plain

          鳥取砂丘

 

世の中は

何か大きなことが起こらないと変わらないならば

終息後の新生世界はぜひこの目で見たい。

心震えるほどの感動感激を味わいたい。

 

それまで息苦しい日々が続くが

何とか乗り越えていきたいね。

 

スポンサーリンク