達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

“”いろいろしてくれる“”人、「共感疲労」という言葉、私たちが今心掛けること。

スポンサーリンク
 

 📺 30年後の奥さんのセリフ、

      「・・いろいろしてくれたので」

 

        f:id:t6911:20200419101321j:plain 

 

不思議と妻とテレビを観ているときばかりに流れてくるCMだ。

(・・・そんな気がする)

私は半笑いを浮かべて見てはいるが

その時、決して妻の方に顏は向けることはない。

 

“”いろいろしてくれたので“”

私にはジワジワ刺さる。

 

そんなこと思ってるご同輩も

けっこういらっしゃるのではないだろうか?

 

しかし今の世の中

いろいろしてくれる人が

他にもいっぱいいる。

///////////////////////////////////////////////////////

 

決断できないマスクが小さい迷走夫と

能天気で夫の足を引っ張ってばかりいる妻。

何でもイチャモンつけたがる口がひん曲がったお爺さん。

私が私がの英単語大好きのパフォーマンスおばさん。

一国を自分の持ち物と勘違いしている外国の金髪じいさん。

 

平時は誰がやっても大差ない、

こんな非常時こそ器と力量が問われるんだってこと

我々もそこんとこ為政者の能力を見極めるときといえる。

 

スポンサーリンク
   

📰 話は変わる。

 

ついこの間の新聞で見かけた文字、

【共感疲労

その記事をそのまま引用させてもらいます。

 

「2011年の東日本大震災では、被災地の惨状を伝えるニュースに

 接し続けたことで、心が疲れてしまう共感疲労も報告された。

 不安を余計に煽られてしまうので、見るニュース番組を決め、

 情報量を必要最小限に留めると心が楽になる」

 

「又、不安が影響し他人に攻撃的な態度を

 取ってしまうこともあるとし

 一息入れて冷静になって話すことが大切」とあった。

 

確かに毎日、毎日、

どのテレビ局も何人感染者が増えたとか

死亡者が何人になったとか、

そんなニュースばかりで心が疲れてしまう。

それに関連するDVも報告されている。

 

実際は軽い風邪であるのにも関わらず、

ほんの微熱やちょっとした咳で自分はコロナではないかと

不安や心配を感じたりする。

それは本当に怖い。

恐怖で自分を追い詰めることが一番いけない、

違う病気になりかねない。

 

けっして甘くみることは許されないが

怖れ過ぎても知らず知らずにうちに自分を

痛め付ける。

 

入ってくる情報量を絞り、

決められた日課を出来るだけ普段通りに。

しっかり食べて、少しでも毎日体を動かすこと。

 

f:id:t6911:20200419102645j:plain


うがい、手洗いを励行し、3密を避けることは

もちろんだけど、心はいつも穏やかな鼓動で

ありたい。

そして笑いも大事だね。

私は、何回観ても笑える

かまいたちの「UFJUSJ」の漫才が良薬となっています。

 

スポンサーリンク