達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

タイガー、松山どう攻める?世界最高のパー4「10番ホール」⛳ジェネシスInvit。

スポンサーリンク
 

世界ランク1位:R・マキロイ、2位:B・ケプカ、3位:J・ラーム、

4位:J・トーマス、5位:D・ジョンソン加えて

T・ウッズ、J・ローズ、松山英樹らも参戦、

 

さらに、さらに、M・クーチャー、F・ミケルソン、B・ワトソン

P・カントレーら実力者も名を連ね、

今週はこれ以上ない豪華すぎるフィールドです。

 

 

   ⛳ジェネシス・インビテーショナル」

 

トップランカーたちのプレーももちろん楽しみですが、

充分な手をかけた美しくも難解なコースを見られるのも

楽しみの一つです。

 

その会場は、

1926年創立の超名門 リビエラ・カントリークラブ】

f:id:t6911:20200210105415p:plain

 

特に注目すべきホールは

ジャック・ニクラウスにして`’世界最高のパー4`’と言わしめた

【10番ホール】である。

 

スポンサーリンク
   

 距離は315ヤード。1オンを十分狙える名物ホールですが

ティーイングエリアから見ると、独特な形状をした無数のバンカーが

視界に入る。しかもグリーンは左から右に細長く、横幅は8ヤードしかない。

さらに右が高い砲台形状になっている。乗せるのは至難の業だ。

 

ピンが右に設定されればさらに難度は増すだろう。

質の高いフェードボールでグリーン左サイドに止められれば最高だろうが

3パットの危険性は常に孕んでいる。

 

f:id:t6911:20200210083711p:plain

              10番ホール

かと言って、刻むのも簡単ではない。

いったいどこのエリアに刻むのか? 何ヤード残すのか?

うまく刻めても2打目はウェッジだ。絶妙なスピンコントロール

要求される。効きすぎれば傾斜で左サイドにこぼれ落ちる。

ウェッジショットをミスしてバンカーに入れれば、球の高さが

災いして確実に目玉だろう。

 

1オン狙っても、刻んでも、どちらも難しいこの短いパー4を

ツワモノたちはどんな攻め方をするのだろう?

 

10番、パー4、必見です!

スポンサーリンク