達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人・今年期待の選手は・・・この二人、「木下稜介」と「鶴岡果恋」だ。

スポンサーリンク
 

 

米女子ツアーは畑岡奈紗が絶好調、

河本結も参加初戦でベスト10入りと楽しみいっぱい。

男子では松山英樹が今一つ噛み合わないプレーだが、

それでもさすがの底力を発揮し、

3季ぶりの勝利に期待を抱かせる内容です。

 

2月の声を聞き、国内男女のゴルフトーナメントも

やっと始まろうとしています。

f:id:t6911:20200205160019p:plain

 

昨年は渋野日向子をはじめとする黄金世代の大活躍に

沸きに沸いた女子ツアーですが、

男子においては、石川遼の復活で盛り上がったものの

スコアボード上位の日本人選手の名前は

今平周吾、星野陸也、池田勇太、時松隆光・・・。

相変わらず変わり映えしません。

 

 

今年は、ぜひそこに割って入ってもらいたい選手がいます。

 

1月の日亜共催`’SMBCシンガポールオープン`’で6位タイに入り

有資格者を除く大会の上位4人枠の資格で7月のメジャー、

`’全英オープン`’の出場権を得た、木下稜介だ。

f:id:t6911:20200205131248p:plain

 

その試合で木下選手を見たが、

なにより、スイングがいい。滑らかでバランスがいい。

174センチと大きくはないが、飛距離も過不足ない。

 

プロ仲間でも有名な練習の虫だという。

昨年オフには、「キツくて吐いた」という

ウェイトトレーニングで増量と体力強化をはかり、

「スイングの切り返しがスムーズになり、質の高い

ドローボールが打てるようになって手応えを感じている」と

語っている。

 

全英初日(7月16日)は奇しくも木下の29歳の誕生日。

もう若くはないが、ゴルフ自体や身体は若々しい。

 

香川西高時代は、明徳義塾松山英樹と四国で競った仲だ。

いったん遠く離れた背中もまた見える位置に付けた。

意志あるところに道があるという、

精一杯、追っかけてほしいね。

 

スポンサーリンク
   

一方、期待の女子選手は鶴岡果恋だ。

 

165センチと上背もある、手足も長い。

いくつかのテレビ番組で彼女を見たが、

木下と同様、スイングが素晴らしい。

特にダウンスイングである。

f:id:t6911:20200205132416p:plain

 

プロの力量はダウンスイングにキレがあるか、力強いかだ。

 

ボールに当てにいくためにダウンスイングで

スピードが鈍りがちなアマチュア

それと同じように

ダウンスイングで一気に振れていないプロは大成しない、

思い切りや潔さ、そういったものが絶対必要だと思っている。

 

自己PRには、「負けん気が強くて、いつも物事を

ポジティブに考えている」ってあった。

いいね! プロはそうでなきゃね!

 

ショートゲームが得意というのも頼もしい。

 

まだ二十歳、

今季は鶴岡果恋にも大注目ですぞ!

 

 

スポンサーリンク