達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

飛ばすより、まずはダボを叩かないゴルフ。それより石川遼に必要なこととは。

スポンサーリンク
 

300ヤード越えを確実にモノにしないと

世界では戦えない。

石川遼自身もまわりのスタッフもそう信じて

疑わないようである。

 

 

ドライバーショットがゴルフのすべてで

あるかのようだ。

 

 

本当にそうだろうか?

 

確かに人より飛べばグリーンまでの距離は短くなって

より短い番手で打てるわけだから有利には違いない。

しかし、スコアまでは確約されてはいない。

 

後ろから打った選手がピンに絡むショットを打てば

せっかくアドバンテージを獲ったのだから

より内側に入れたいというプレッシャーもかかる。

 

たとえ、ナイスショットで1メートルに付けたとしても

必ず入るというものでもない。

 

遠くへ飛ばすということは、大きく曲がる危険性も

孕んでいるということだ。

爆発的なヘッドスピードの中で

シビアなフェースコントロールが要求される。

 

//////////////////////  //////////////////////  /////////////////////

 

飛んでラフより、

20ヤード遅れてもフェアウェイの方が

いいに決まってる。

 

ラフからは、フライヤーが出るのか出ないのか、

出るライだとしたら、キャリーとランの計算もいる、

あえてフライヤーさせたり、フライヤーさせない技術も

あるというが、当然リスクも覚悟しないといけない。

 

曲げて林に入れてしまえば、

松山英樹だって9を叩いてしまうんだ。

 

スポンサーリンク
   

レーニングで体も大きくなったといわれる石川遼

実際見た目には大胸筋が少し目立つようにはなったが

それでもまだスリムでひ弱い印象だ。

 

それでも、我々が想像する以上に頑固者の遼クンは

飛距離にこだわるだろう。

 

それなら、

もっともっと

体を大きくすることだ。

 

キャロウェイのウェアが

モデルのように似合っているうちは

まだまだである。

 

松山英樹も身体を大きくしてから

安定して米ツアーで戦えるようになった。

ハンマー投げの選手が強大な遠心力に耐えられるのは

体幹の強さとそれに耐えるだけの体の重さがあるからだ。

とにかく振り込んでいくのが遼クンのスタイルだが、

50をはるかに超えるヘッドスピードでクラブを振るためには、

いかなる傾斜であっとも、どれだけ強風に押されても

ショットをコントロールするためには、

もっともっと強く大きな身体を作ることが先決だ。

 

骨格上、日本人は前の筋肉(胸)が付きやすく、

欧米人は後ろの筋肉(背中)はつきやすい。

持久力の農耕民族とスピードを要求される狩猟民族の違いだ。

 

欧米の飛ばし屋は一見華奢に見えても

背中の筋肉は発達している。

飛ばしは背中(背筋力)でするもの。

遼の背中が大きくなって体の厚みがでた時

もう一段上の石川の世界が見られるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大きなお世話だが最後に遼クンに・・・

 

マット・クーチャー

飛距離276,500ヤードで、飛距離ランクは247位

 

ケビン・キズナ

274,900ヤードでランク248位。

 

 

ゴルフには飛ばす以外に寄せる、入れるという

要素が大事だってこと、

二人が立派に証明している。

スポンサーリンク