達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ボク達は、もう二度とバンカーの中で立ち尽くしたりはしない。

スポンサーリンク
 

解説者が言っていた、

「プロは、グリーン周りの厄介なラフに入れるより

 まだバンカーの方がピンに寄せやすいんですよ」

 

バンカーショットに苦手意識を持っていた頃の

私は、

「そんなもんだろうか?」

「ホンマかいな?」って、いつも思ってた。

寄る寄らないは別にして、私はバンカーよりも

よっぽどラフの方が気が楽だった。

だけど、バンカーから逃げてばかりいても

必ず追っかけてくるし、上へ行こうとすれば、

絶対避けては通れない道ではある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意を決した私は、しばらく、バンカーショットに特化して

練習に取り組んだ時期がある。

📚 📚 📚 📚 📚 📚 📚 📚 📚

レッスン書を読み漁り、動画も数多く観て

いろいろ試してみた。

動画の中のレッスンプロは、

ドヤ顏で「ホラ、簡単でしょ!」

 

何が簡単なものか!

上手くいったショットだけ流してんじゃないの?

なかなか上手くいかない私は、減らず口をたたきながら、

それでも食い入るように繰り返し観たものだ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////

バンカーショットでも

レッスン内容は教える人によって違う。

 

スタンスはオープンでカット打ちするべきとか、

 

通常のスイングのままでいいとか、

 

コックを使うとか、そんな意識は不要とか、

 

ボールの位置も左かかと線上とか真ん中でいいとか、

 

クラブヘッドを入れる場所も、ボールの手前3センチとか

5センチとか、いや、もっと大ざっぱにドーンと

ボールの手前にヘッド落とせばいいんだとか・・

 

砂の下にティーが刺してあり、ボールはその上に

乗っかっていると仮定してそのティを切るように

ヘッドを入れたらいいとか、

ヒールから入れるべきとか、

打ったらすぐヘッドを引く感覚だとか・・・

 

本当に様々だ。

 

当然、全部やってみる。

たまたまいい球ででて、自分に合うのはこれかな?

と思うと、それも続かないし、

もうワケわからん状態になる。

 

悪戦苦闘の末、

それでも何とか確率の高い方法というか考え方を

見つけ出すことが出来た。

 

それは、

クラブのソール部分を

一番最初に砂に当てるということです。

これが私には一番しっくりきた方法である。

 

 

ボールの手前3センチとか5センチとかいうから

迷えるアマチュアゴルファーは、

その場所にクラブの歯(リーディングエッジ)

入れるイメージを持ってしまい、

クラブヘッドでボールを掻き出すような

スイングになりがちなのである。

 

その結果はお分かりですね・・・

皆さんも悲しい経験を何度もされているはずです。

 

歯から入れちゃうと

クラブヘッドはただ深くもぐり込むだけ。

そうじゃなくて、ボールの手前をソールでパーンと

叩くだけ。

何センチ手前とか、そんな細かい意識は要りません。

 

ボールの手前をソールでパーンと

叩くだけなんです。

ホームランの心配も無用です。

ソールからいけば、ボールに当たる前に

バウンスで勝手にもぐり込むから大丈夫。

 

 

ただ意識すべきは、アドレス時に少し曲げた

左ひざを打ち終わりまでキープすることと、

左手が極端なフックグリップの人は、そのかぶせ具合を

ゆるくするだけ。

 

スポンサーリンク
 

スタンスは通常でいいでしょう。

ボール位置は、センターよりボール1個分くらい左で、

気楽にクラブのソールでボールの手前をパーンと叩くだけ。

決して歯から入れてはいけませんよ。

 

ピタッと寄せるなんてことは望まない、

ただ1回でグリーンに乗せたい人、

これで充分対応できます。

 

さあ、お試しあれ!

 

スポンサーリンク