達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「堀琴音」に一筋の光明が差し込んできた!?新コーチ、森守洋氏とのタッグで真の復活はあるのか?

スポンサーリンク
 

堀琴音に、わずかながら光が差し込んできた、

そんな気がした。

 

 

先週の‘’NEC軽井沢72ゴルフトーナメント‘’では

予選二日目に今季初の68

 

それまでの試合では、

予選通過ラインにはるか及ばないスコアだったが、

今回はあと2打の成績だった。

 

実際はその2打が、近いようで遠いのだが・・。

 

しかし、プロといえど、調子の上がらないときは

60台は出ないものだ。

 

一時の大スランプからは、抜け出したように

感じたのは、私だけではないはずです。

 

www.tatsujin72.com

 

www.tatsujin72.com

 

ゴルフが上向きになったきっかけとして

コーチを森守洋氏に変更したことも

大いに関係しているでしょう。

 

森氏は、高校卒業後、アメリカでゴルフを学び、

帰国後は、台湾のレジェンド、陳清波プロに師事し

ダウンブロー打法を身に付け、近年では

原江里菜プロなどを育てたコーチとして知られています。

スポンサーリンク
   

また、氏のレッスン本は、私のバイブルの一つでもあるので

ある意味、堀琴音と私は弟子仲間ということだ(違うか

 

堀のスイングの特徴は、

トップの位置が高く、そこから一瞬の間を置いてから

極力手を使わず、重力を利用しながら下半身リードで、

クラブを引き下ろすスイング。

 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 

それに対し、森氏の理論は一貫して、

下半身リード、ボディターンを否定する。

 

つまり、手の振りを最優先にする理論である。

 

言い換えれば、クラブ全体を振るのではなく

フェースを振る意識が大切だという。

 

手を洗った後のパッ、パッと水を切るあの動き、

それがヒジから下の自然な動きで

効率的な動きだといっている。

 

この動きこそ、ヘッドスピードを飛躍的にアップさせ

当然、飛距離もでるのだと強調するのである。

スポンサーリンク
   

堀のスイングは、

切り返しのタイミングがバッチリ合えば

距離も方向性もある程度確保されるだろうが、

 

ひとたび、タイミングがずれれば、

振り遅れやカット打ちになり

球が暴れてくる危険性がある。

 

※ リバースピボット気味なのも気になるところ。

 

リバースピボット

 本来ならば、トップで右に体重が乗るべきところが、

  頭が左足に残ったままトップまで振り上げること。

  左一軸スイングと違い、

  打点も不安定で飛距離も出ない。

 

データは嘘をつかない

 

堀のドライビングディスタンスは、232,74 ヤードで69位、

フェアウェイキープ率は、84位の57,5%、

 

申ジエは、233,56 ヤード(65位)と堀と大差ないが

フェアウェイキープ率は、トップの75,0649 %。

 

ここが違うのである。

 

曲がる、飛ばないじゃ

到底戦えない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

堀の良い部分を残しながらの、

スイング改造は、決して簡単なことではない。

 

両極にあるといってよい守氏の理論と堀のスイング、

どう折り合いをつけるのだろうか?

 

まずは、何かを変えていこうという堀の勇気、

これは認めてあげなきゃね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

今週開催の、「CAT Ladies」で、

4月初めのスタジオアリス女子オープン以来、

今季2度目の予選突破なるのか?

f:id:t6911:20200320165720j:plain

 

堀琴音のあの無邪気な笑顔を

早く見たいものです。