達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

振り遅れがすべてのミスのもと

スポンサーリンク
 

私は、早朝の練習場が好きだ。

 

それも平日に限る。

 

当然、人も少ないからだし、

 

自分のペースで練習できるからだ。

 

それと他の人のスイングを

観察できることも、利点の一つだろう。

 

練習の合間に、少し離れた所で、

練習している人のスイングを見ていると、

その良い所、悪い所がよく分かるのだ。

 

参考にもなるし、逆に、戒めにもなる。

 

【人の振り見て、我が振り直せ】、っていうやつだ。

まるで、ゴルフのために作られたようなことわざですね。

 

当たり前のことだが、ゴルファーのスイングはすべて違う。

 

きれいなスイングでなくても、手の振りと体のターンが

同調している人の打つ球は、美しい。

 

しかし、フィニッシュをまとめることばかりに

気を取られている人は、振り遅れがちで

打つ球は弱々しい。

 

ボディターンを意識するばかりに、

ヘッドが遅れてきて、フェースが開いたまま

ボールに当たるのでスライス、

 

それに気付いて、あわててフェースを

極端に返すために、今度はフック、

そんな人を多く見かける。

 

ことさら、ボディターンを意識しなくても

普通に打てば、勝手にボディはターンするのです。

 

ただでさえ、ゴルフクラブは先端が重く、

重心の位置がグリップの延長線上にないので

振り遅れが発生しやすい作りなのです。

 

そしてそういった人は、たいてい手の動きが大きすぎる

傾向にもあるようだ。

 

 

f:id:t6911:20170303154848p:plain

 

もっと手が体の近くを通るように振ったほうが、

インパクトも強くなり、キレのある締まった

スイングになります。

 

私は個人的に、三角形の入れ替えと呼んでいますが、

 

両腕と胸で出来た三角形を、出来るだけ体の近くを通し、

インパクト寸前に腕をターンさせる(三角形を入れ替える)。

 

その三角形の入れ替えを速く、これが、私のアイアンショットの

メインテーマです。

 

腕をしっかり振ってから、体を回転させる

 

というイメージを持てば、振り遅れが無くなり

体の正面で力強く、球を捉えられるでしょう。