達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

2017年・達人はドローにサヨナラし、フェードに変える。さて、吉と出るか凶とでるか?

スポンサーリンク
 

 

朝方まで、雨だったようだ、

地面が濡れている。

 

午前7時少し前、いつもの練習場に着いた。

 

雪はないし、気温も比較的高いし

本当にありがたい。

 

この時間、よく顔を合わせるお二人さんに

それぞれ、新年の挨拶を交わす。

 

 

実は、今日、一大決心をしてここに

やってきた。

 

かなり前から、考えていたが、

なかなか踏ん切りがつかないでいたことだ。

 

新しい年になったことだし、今日を機会に、

ドロー系(私の場合、フック系といったほうが正解?)

から、フェード系に変えようというのだ。

 

普通は、この年齢なら逆のことを考えるだろうけど・・

 

ドローとフェードを打ち分けられるほど、器用ではないし

力量もない。

 

f:id:t6911:20200311181855j:plain

 

そう簡単なことではないのはわかっている。

 

今までの約30年、私は、狂信的なドロー系信者で、

右から左に曲がる球が、何より美しいと

信じて疑わなかった。

 

しかし、自分のは、曲がり幅を計算できない

へなちょこドローだったし、

ラウンド後半、下半身が使えず、手だけで、

フェースをターンさせるだけのスイングになって

大ケガをしてしまうことがあったり、

アイアンに関しても、同じく、スムーズな体重移動

出来ずにダフリが頻発する。

 

本当に、ウンザリしていた。

 

 もちろん、下半身の衰えという、年齢的な問題もある。

 

練習場では、遊び感覚でフェードも

試したことはあるし、それはそれで、

結構いい感覚で捉えていたのだが、

それでもフェード系に変えるなんてことは、

一切、考えたことはなかった。

 

大体、ドライバーがあまり飛ばないのに、

フェードに変えたら、もっと飛ばなくなると

信じ込んでいたからだ。

 

f:id:t6911:20200311182057j:plain

 でもよく考えてみれば、

ドローが飛ぶといっても、フェアウェイに打てることと

地面が堅いことが、前提だ。

ラフに打ち込んでしまえば、アドバンテージにはならない。

 

そんな当たり前のこと、分かっていたけど、

変える気持ちにはならなかった・・のだが、

 

・・・しかし、停滞している現状を打破するには、

何かを変える必要があるんじゃないか?

 

曲がり幅の計算できないドローより、フェードのほうが

まだ計算が立つのではないか?

 

スイングも年齢によって変わっていくのは、当然のこと

ではないか?と考えた。

 

シンプルさを考えたら、やはりフェード系だ。

 

・・その結論に行きついた。

 

フェードはドローの反対だから、今までしてきたことの反対だ。

スタンスの向き、ボールの位置、フェースの合わせ方、

グリップエンドの位置、グリップ、いろいろ微調整を

してみる。

 

体重の大部分を左に掛け、体重移動をあまり意識しない。

テークバックをインに引き込まず、真っすぐ後方に引く。

 

ドライバーを何発か、打ってみた・・・   悪くない。

 

曲がり幅もドローほど、大きくない・・・  いい感じ。

 

今まで、ドロー系だったおかげで、

叩いても、スライスにはならないのだ。

いいタイミングで、フェースターンが出来て

いるのだろう、嬉しい誤算だ。

 

アイアンも、しっかり上から打てる。

 

ボールを置きにいくって感じ、何となく解る。

 

よし!これでやってみる、 決めた!

 

作り上げた自分のスイングをキープすることも尊いけれど

変えると決めたら、ためらってはいけない。

 

さて、吉と出るか、

凶と出るか!?