達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ゴルフの醍醐味は緑のフェアウェイを歩くこと。

スポンサーリンク
 

私がゴルフが始めたころは、

手引きカートでのプレーでした。

 

それから、

ボックス内に入れたゴルフクラブだけが、レール上を移動し、

プレーヤーは歩くといったスタイルのコースが増え、

現在は、どこのゴルフ場でも当たり前に

乗用カートが導入されています。

 

乗用カートも自分で運転するタイプと、

ボタンで動かす電磁誘導タイプがありますね。

今や、そのカートで、フェアウェイまで

乗り入れることができるコースもあるそうです。

さぞかし、コース管理担当の方も苦労なさっているのでは

ないでしょうか。

 

私の家の近くのショートコースでは、

セグウェイでセルフプレイが出来ますし、

ゴルフ場の景色もプレースタイルも、

ずいぶん変わりました。

 

スポーツとレジャーが共存する時代になりました。

f:id:t6911:20200209140946p:plain

 

この乗用カートのおかげで、年輩の方や、女性ゴルファーは

恩恵を受けているとは思いますし、

プレー進行も速くなるわけですから、

ゴルフ場にとっても利点は多いでしょう。

 

しかし、いいコトばかりではありません。

 

実際、何年か前に、運転乗用カートの転落事故が起こり、

お亡くなりになったゴルファーもいます。

 

私の運転ではなかったのですが、

一度坂道から転がり落ちそうになったこともありますし、

雨の日に、打ち終わったクラブをバッグに戻さず

カート内に持ち込んだとき、何かのはずみで、

クラブがブレーキ板に挟まり、止まれなくなって

大パニックになったこともありました。

 

この点、電磁誘導タイプは、

そういった危険性は少ないといえますが

・・・なにしろ、遅い。

歩いたほうが速いんじゃないかと思うくらいです。

 

いきなりの提案ですが、

いっそのこと、歩きませんか?

 

もっと歩きましょうよ!

 

歩くことはスポーツの基本ですよね。

カートに乗ってばかりじゃ、

スイングの土台の足腰だって鈍っちゃいます。

男子プロはもちろん、女子プロだって全ホール歩くんです。

マチュアでも、大きな試合はカート使用禁止です。

 

打って乗って、打って乗ってじゃ、リズムは作れません。

歩くスピードとスイングのリズムには共通点があるんです。

 

f:id:t6911:20200301180326j:plain

 

フェアウェイを歩きながら、

考える時間をもつことも大切です、

 

ゴルフは考える時間が必要なのです。

 

コースの攻め方、風、次打に持つクラブ・・・

 

歩いていると、ハッ!と思い出したりします、

忘れていた自分のスイングのチェックポイント。

 

普段の運動不足の解消のためにゴルフに来ている人も

多いのではないですか?

 

それなら、もっと歩きましょうよ!

 

え、《オレはいつも、クラブ3本持って走り回っている》って?

失礼しました、

それはたいへん結構なことです。

 

え、あなたは、いつも最初にカートを降りるから

みんなに追いつこうと、走ってるって?

 

そうか! たまにはゆっくり、

カートに乗っていたい気分、

 

分かりましたよ。