達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

またぞろ達人の持病再発!今度は定番名器「タイトリスト・ボーケイウェッジ」買っちゃった。

スポンサーリンク
 

 

 

眺める、

じっくり眺める。

 

フェースの美人具合、

バックフェースからソールへの曲線、

座ったときのたたずまい、

ツアークローム仕上げも魅力的だ。

 

眺めているとどうしても我慢できなくなる。

 

多少のためらいがあるけれど、ついついポチっと

買い物ボタンを押してしまうのだ。

 

そう、又、ウェッジを買ってしまった。

私の困った持病である。

 

カミさんは何も言わない・・だから気持ち悪い。

でもメゲナイのだ。

 

【タイトリスト・ボーケイウェッジ】

  ‘’ツアークローム&スピンミルド‘’

f:id:t6911:20191215134438p:plain

f:id:t6911:20191215135318p:plainf:id:t6911:20191215135143p:plain

 

ロフト52度(バウンス8度)とロフト58度(バウンス12度)、

バランスはそれぞれD1とD3である。

 

 

ウェッジ作りの長い伝統と評価は

何といっても安心感を与えてくれるし、

秀逸なデザインと安定のスピンは追随を許さないだろう。

 

ゴルファーならかならず一度は手にする名器である。

いつ頃なのかは忘れてしまったが、

私も手にした時期があった。

きっとクラブの良し悪しなんか分からない頃だ。

 

スポンサーリンク
   

また使ってみたいと思った。

もう一度、ウェッジに助けてもらおうと考えた。

 

巡り巡って最初に戻ってきた感じかな?

f:id:t6911:20191215135924p:plain

 

もちろん気分も切り替えられる。

どうしても億劫になる冬錬、

クラブを替えるのもモチベーションを保つ方法の

一つだろう。

 

www.tatsujin72.com

 

 

愛用のXウェッジ、マックダディ2との打ち比べ練習も

また楽しくなるだろう。

スポンサーリンク