達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

改めて凄さが分かる。データから見た小さな巨人、今平周吾。

スポンサーリンク
 

ア国内男子ツアーも終了し、

各部門のランキングが発表された。

 

そんなもんかなーーと思ったのが

バーディ率だ。

(正確には、バーディ以上のホール数÷総ラウンド数)

 

4,55が1位の石川遼の数字である。

石川遼は1ラウンド平均4,5個のバーディを獲ってるんだ。

 

ロングホールとあと一つどこかで獲れば5個のバーディが

計算できるけど、そうはうまくいかないらしい。

 

プロはいとも簡単そうにバーディを獲ってるように見えるけど

やはり平均となれば、4個以上は大変なことなんだね。

 

ちなみにランク100位の久保谷健一は2,35、

マチュアのバーディが難しいってことよくわかる。

 

・・そこで、飛ばしとバーディの関連性がちょっと気になる。

f:id:t6911:20191211113008p:plain

 

ドライビングディスタンスの部門でのトップ10を

眺めてみる。

 

スポンサーリンク
   

 

バーディ率トップの石川遼

300,92 ヤードの飛ばし屋部門の9位にランクされている。

これば納得だ。

 

ランク2位、315,30 ヤードの幡地隆寛が

バーディ率9位タイの4,05で、

www.tatsujin72.com

 

同3位、309,42 ヤードのR・ジョンが

バーディ率3位の4,29だが、

二人共勝利はない。

 

獲ったものを吐き出しているということだろう。

 

ドライビングディスタンス部門のトップ10と

バーディ率のトップ10が重なるのはこの3人だけである。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

          チャン・キム

飛ばし屋№1は315,83ヤードのチャン・キムだが

バーディ率は11位の4,00、ちょうど4個である。

 

飛ばしが直接バーディと結びつくとは

限らないようだ。

 

そこで・・・今平周吾である。

f:id:t6911:20191211112738p:plain

 

ご存知2年連続賞金王だ。

ドライビングディスタンスはランク28位の292,93 ヤード。

チャン・キムとは23ヤードの差がある。

 

それでもバーディ率は4位、

そして平均ストロークは1位。

 

高精度のアイアンショットとグリーン周り、

それとパッティングの上手さがわかる。

パーキープ率1位がそれを裏付けている。

 

ゴルフの面白さと奥深さが分かる。

 アマチュアは大いに勇気づけられるね、

 

165センチ、65キロ、

今平周吾

 

小さな巨人だ。

 

スポンサーリンク