達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

ジジイたちのドタバタゴルフ:雨の砂丘の同窓会:陽気な友の捨て台詞。

スポンサーリンク
 

 

前日からの激しい雨は小降りに変わりはしたが、

以前シトシトとコースを濡らしている。

 

空と日本海が混じり、

薄煙るこの鳥取ゴルフ倶楽部砂丘コースに

集まったのは高校時代の同級生9名。

f:id:t6911:20191027094056j:plain

 

コンペと銘打ってはいるが、ゆるいゆるい親睦ゴルフだ。

不義理ばかり重ねていた私を誘ってくれたことに

まず感謝である。

 

スタート前のロビーでは

「久しぶり!」の声が飛び交う中、

私は探り探りの会釈。

・・・見たことがあるような、

・・・ないような。

 

実際、私にとってほとんどのメンバーは

卒業以来の顔合わせである。

なにせ我々の時代は11学級、

教室とサッカーの部室と学生食堂しか

知らない私にとって残念ながら

付き合いのなかったメンバーが大半だ。

 

まして卒業からはや48年の月日が過ぎた。

顔つきも体形も頭頂部も当然様変わりする。

だから、お互い、なんとなく、ほほえみながら頷く、

これでいい、これで十分。

みんな頑張って生きてきたってことだ。

 

 確実なのは、

このメンバーの中に雨男がいるってことだが

まあ仕方ない。

 

ゴソゴソ、ガヤガヤするなか、

それぞれスタートした。

f:id:t6911:20191027084156j:plain

私の組は3名、

幸い?よく知っている男たち、

幹事が気を遣ってくれたのだろう。

 

f:id:t6911:20191027084316j:plain

 

一人は愛すべき賑やか男、ゴルフもそのまんま。

あと一人は正反対の実直男、ゴルフも堅い。

それぞれのスコアは・・・武士の情け、

公開は控えよう。

 

f:id:t6911:20191027084247j:plain

 

私は煩わしい雨とトリッキーなコースの罠にスッポリはまり、

OB3発やらかして久しぶりに叩いてしまったが

悔しさはない。

 

スポンサーリンク
   

同じ時代を生きてきた仲間たちと

元気にゴルフが出来ること、

それだけで心は温まる。

 

斜面を行ったり来たりでヨボヨボになっても

悲しい濡れネズミになっても笑いは絶えない。

 

次回の開催はいつになるのかは分からないが

それまで皆元気でいてほしい。

f:id:t6911:20191027084353j:plain

プレーが終わるころ、雨は上がり

砂丘がくっきりと陰陽を見せてくれた。

 

帰り際、陽気な賑やか男は

一言捨て台詞、

「もういやだ、ここには二度と来んぞ‼」

 

ニヤッと笑った。

 

スポンサーリンク
   

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は高校の同級生が集まって