達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

遼、奈紗、シブコに刺激を受けた松山英樹は覚醒するか?シーズン第3戦‘’セーフウェイオープン‘’開幕。

スポンサーリンク
 

 

 

米ツアー19、20年シーズン第3戦

「セーフウェイオープン」の開幕です。

 

 昨季最終戦の「ツアー選手権」を9位タイで終えた

松山英樹が、1か月弱の短い休みをはさみ

再びツアーに戻って来ます。

 

会場はカリフォルニア州

【シルバラードリゾート&スパ・ノース】

f:id:t6911:20190925183817p:plain

f:id:t6911:20190925183316p:plain

3戦目にして、出場選手のフィールドも厚くなってきました。

 

ジャスティン・トーマス、ブライアン・デシャンボー、

アダム・スコットフィル・ミケルソン、フランチェスコ・モリナリ・・

フレッド・カプルスやジョン・デーリーらベテランも花を添え、

小平智もここで初戦を迎えます。

スポンサーリンク
   

 

石川遼は日本プロゴルフ選手権、セガサミーカップに勝利、

畑岡奈紗は日本女子プロゴルフで8打差の圧勝、

渋野日向子は先週の試合で8打差大逆転のV.

 

やるべき選手、期待の選手が見事に結果を残した。

あと一人、どうしても勝って欲しい選手がいる、

そう、われらが松山英樹だ。

f:id:t6911:20190925191348p:plain

 

2017年8月のWGCブリジストン招待でツアー通算5勝目を

挙げてから2年を過ぎた。

勝利がないとはいえ、昨季も最終戦まで進出し、

予選落ちも24試合中2試合のみ、

実力は誰もが認めるところだが

6勝目には何かが足りなかった。

 

松山の数少ない弱点は

パッティングとフェアウェイキープ率の低さを

指摘する意見が多い。

スタッツを見れば‘’ほーなるほど‘’だが

単なる数字に引きずられることも馬鹿げている。

 

数字が良くなったら勝てるというものでもないし、

勝てない理由がそれだけかというと

そうとは断言できないのがゴルフ、

様々な要素が複合的に絡み合っているのがゴルフだ。

 

実際、松山のフェアウェイキープ率は61,28 %(114位)だが

パーオン率は69,38 (20位)と高い。

平均パット数1,753は 66位、

悪い、悪いといってもランクは中位である。

この部門のトップはジョーダン・スピースの1,694。

しかし、そのスピースは不振にあえぎ、まったく成績を

残せなかった。

f:id:t6911:20190925194208p:plain

 

アイアン技術と経験でラフを克服することも出来るし、

卓越したアプローチショットがバーディをもぎ取ったり

落としそうなスコアを救うことが出来る。

松山の昨季の平均ストロークは69,8(12位)、

この数字は3勝を挙げた17年の69,6に次ぐ数字である。

決して悪くはない。

 

心も体調もいい時もあれば、悪いときもある。

ゴルフだって同じ。

ただ優勝がなかっただけで、松山に何の心配もいらない。

ただ噛み合わせが悪いだけ。

 

一番の敵は自分でそれを苦手だと思い込むことだろう。

 

今大会の優勝予想では3位と周囲の期待も高まる。

松山が昨季の終盤に掴みかけた手応え、

今季はきっと形にしてくれるだろう。

 

勝利を渇望しているのは他ならぬ松山本人だからだ。

 

www.tatsujin72.com

 

今週はパナソニックオープンに石川遼

ミヤギテレビダンロップ女子オープンでは

畑岡奈紗と渋野日向子が予選同組、

 

3人から大いに刺激を受けたはず

 

松山英樹

覚醒の時がきた。