達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

こんなドラマもあるんだね。絶対王者・マークセンが大きな代償を払って知った勝負の掟。

スポンサーリンク
 

 

あと2ホールを残して、

2位のT・ウィラチャン(タイ)に3打差付けて17アンダー。

またこの試合もマークセンのものか、

私に限らず、試合を見ている全員がそう思ったはずだ。

そう思わなかったとしたら、相当のアマノジャクか、

特殊なサイキック能力を持った御仁だろう。

 

コマツオープン

f:id:t6911:20190911162835p:plain

 

‘’勝負はゲタを履くまで分からない‘’というけど

絶対王者マークセンに限っては

それは当てはまらないと思った。

まして、最終18番はロング、

飛ばし屋のマークセンのバーディは堅いだろう。

負けるはずがない。

 

「この試合もオレのもの」

マークセン自身も勝利を信じて疑わなかったはずである。

f:id:t6911:20190914183735p:plain

 

しかし、予想だにしない悲劇は

ここから始まっていくのである。

 

17番:ティーイングエリアに立ったマークセンの

放った第一打は、強いフックがかかり

左のOBゾーンに打ち込んでしまった。

打ち直しの3打目は右に打ち出したが

斜面の深いラフ。

前上がりがきつい。フックが出やすい状況だ。

それを嫌ってフェースが返らないように

押し出した4打目はなんとシャンク、

無情にも右の林に消えた。

マチュアもよくやる失敗である。

 

マークセンは冷静さを失い、

頭の中を整理できない様子であった。

打ち直しの6打目もグリーンに乗らず

寄せて1パットでスコアはダブルパーの

 

この時点で13アンダーに落ちたマークセンは

ラスト18番でバーディを奪取し、プレーオフまで

持ち込んだことは流石としか言いようがないが

一度失った流れをもう一度取り戻すことは

出来なかった。

勝利の女神は二度と振り向くことはなかったのである。

スポンサーリンク
   

 

優勝はプレーオフ1ホール目でバーディを奪った

T・ウィラチャンに輝いた。

f:id:t6911:20190914184023p:plain

嬉しいとも・・切ないとも・・

この状況をまだ受け入れられない

何とも複雑な表情で後輩プロを讃えたマークセンだった。

 

「上手の手から水が漏れる」

こんな古いことわざを思い出す。

 

勝負は最後の最後まで気を抜かない。

気を抜けば、いたずら好きが忍び込んでくる。

「私、失敗しないので」

ドクターXの米倉涼子みたいには

いかないんだ。

 

絶対王者マークセンが学んだ大きな教訓は

今後さらにマークセンを強くするだろう。

スポンサーリンク