達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

シブコを育てた城下町そして作陽高校。以外!あのプロも、あの人も卒業生だったんだ。

スポンサーリンク
 

「美作の小京都」と呼ばれる津山市

鳥取県と境を接する岡山県の北部に

位置する人口10万の城下町である。

 

私の住む鳥取市からは車で1時間半、

とても馴染みのある町だ。

f:id:t6911:20190831185750p:plain

桜の名所の鶴山公園

津山ホルモンうどん

B´zの稲葉浩志の故郷でもある。

 

ここ津山に、シブコを育てた高校

作陽高校がある。

f:id:t6911:20190831185441p:plain

サッカーに興味のある方なら

聞き覚えのある名前だと思う。

 

サッカー部は全国大会の常連であり

多くのJリーガーを輩出、

2014ワールドカップ日本代表の青山敏弘

ここ作陽高校サッカー部の出身である。

 

しかし、作陽はサッカー部だけではない。

ゴルフ部も、女子が2008年に全国高等学校ゴルフ選手権で

団体優勝を遂げるなど全国有数のゴルフ強豪校なのである。

 

f:id:t6911:20190901081334p:plain

 

練習環境にも恵まれ、周辺にはゴルフ場が点在している。

ここでの切磋琢磨が間違いなく

今日の渋野日向子を産んだのだろう。

スポンサーリンク
   

 

実はここ作陽出身のプロゴルファーはシブコだけではない。

 

先週の男子ツアー‘’セガサミーカップ‘’で3位タイに入った

飛ばし屋№1(平均318ヤード)、今売り出し中の幡地隆寛

在学時に日本ジュニア3位の成績を挙げている。

f:id:t6911:20190901081053p:plain

          幡地隆寛

 

丹萌乃(たんもえの)はシブコの2年先輩であり、

今後の活躍が期待される注目の一人である。

f:id:t6911:20190901080901p:plain

           丹萌乃

 

他にも、ツアー1勝の中堅、藤本麻子

堅実なプレーが持ち味の東浩子も作陽のゴルフ部

腕を磨いた先輩たちだ。

 

渋野先輩の大活躍は在学中の部員にとって

この上ない誇りだろうし、

ゴルフにかけるモチベーションも俄然上がるだろう。

現在、将来有望な男子部員がいるというし

これからも大いに楽しみだ。

 

追伸:

映画、ドラマ、CMでいい味みせてる

オダギリジョーもここ作陽高校の卒業生なんだって!

f:id:t6911:20190901173908p:plain

 

1時間半の秋ドライブ、

丁度いい、

久しぶりに津山へ出かけたくなった。

スポンサーリンク