達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「ミスター・サマータイム」生‘’サーカス‘’を堪能した夜、達人の夏は完結した。

スポンサーリンク
 

夏も盛りを過ぎ、いくぶん過ごしやすくなった。

雨上がりの早朝は、もう秋の気配がする。

 

今日は以前からとても楽しみにしていた日だ。

‘’流しびな‘’で知られる用瀬(もちがせ)という町の夏イベント、

‘’ふれあいフェスティバル‘’にサーカスがやってくるからだ。

 

ボリショイでも木下でもないよ(わかってるよ 

混声ヴォーカルグループの‘’サーカス‘’である。

f:id:t6911:20190823195734p:plain

 

デビュー40周年記念ツアーで

大きな都市を忙しく回っているなか、

よくぞこの地方の小さな田舎町に来てくれたものである、

関係者、フェスの実行委員たちにありがとうだ。

 

大好きなヴォーカルグループであるし、

去りゆく夏に名曲「ミスター・サマータイム」を生で聴ける。

行かないわけにはいかない。

www.tatsujin72.com

 

鳥取市内から南へ車で20分、

まるで恋人に逢うかのような

何とも心躍るドライブだった。

 

 

スポンサーリンク
 

開会は17時、

地元のダンスグループの若さ溢れるステージから

始まった。

f:id:t6911:20190825051332j:plain

 倍々ゲームのように人が増え始め、約20の食の屋台もフル稼働だ。

旨そうな匂いが会場に漂い、いよいよ夏祭りの雰囲気である。

 

日も暮れはじめた18時40分、

いよいよ、サーカスのオンステージだ。

 

それに先立ち、MCから

「肖像権の問題で、録音、録画、写真、SNSへのアップは

出来ません」とのこと。

そうか・・残念だが・・仕方ない。

 

目にはしっかり焼き付け、

歌声は心の奥にしっかり刻み込むことにしよう。

 


American feeling / song by Circus

 

ステージは、

アメリカンフィーリング」から始まり、

途中、ディズニー、ジャズアレンジの演歌で楽しませ、

そして、「ミスターサマータイム」へと流れていく。

 

最後のアンコールを入れて全9曲、

約1時間、リーダーの面白トーク、個々の魅力的なボーカル、

美しいハーモニーを心ゆくまで堪能した。

 

振り返ると、会場はいつの間に?こんなに?と

驚くほどの人、人、人。

 

贅沢な夜を目一杯楽しむように、

去りゆく夏を惜しむように。

 

余韻を楽しみながらの帰りの車、

市内に着くころには、街はすっかり雨で濡れ

ネオンがいっそう鮮やかだ。

 

私の2019年の夏はもうすぐ終わる。

 

スポンサーリンク