達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

渋野日向子の凱旋試合とこれから激しさを増す美しき戦士たちの東京への道。

スポンサーリンク
 

メジャーチャンピオン、渋野日向子の

凱旋試合となる

「2019北海道meijiカップ

 

8/9から札幌国際カントリークラブ、島松コースにて

開催されます。

f:id:t6911:20190806190411p:plain

オープンから55年を数える、白樺、ならなどの

自然林が大きく育った林間コースであり、

ティーショットのポジションキープが

大切になってくるのではないでしょうか。

 

距離も雰囲気も全英女子オープンが開催された

‘’ウォーバーンGC‘’に似たこのコースで

渋野日向子はどんな攻め方をするのだろう。

 

一歩も二歩も先に行ってしまった渋野を

待ち構える選手達の意識も変わるはず。

 

彼女に出来て私に出来ないことは何だろう?

勝利に必要なメンタルは?

愛されるプロとは?

 

渋野のプレーは他の選手達にとっても

興味深々でしょう。

スポンサーリンク
   

 

今回のメジャーの勝利で

渋野の世界ランクは46位から一気に14位に上がり

帰国時のインタビューでは

東京五輪で金メダルと獲りたいと語っていた。

 

出場資格は以下の通りだ、

①男子は2020年6月23日時点、女子は2020年6月30日時点のオリンピックゴルフランキング上位15位までの選手で、各国最大4名まで。 
②16位以下については、1カ国2名(15位以内の有資格者も含む)を上限とする。 
③5大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)ごとに、一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女ともに最低1つの出場枠が保証される。 
④大会開催国から一人も出場資格を有するアスリートがいない場合は、男女とも1つの出場枠が保証される。 
※ただし、上記③、④の出場枠が適用されても、男女各出場人数の60名は変わらない。 

                        (引用:日本女子プロゴル協会)

 

 

現在の日本人選手のランキングは以下の通り。

                 (100位まで:8/6現在)

畑岡奈紗・・・10位

渋野日向子・・14位

鈴木愛・・・・29位

比嘉真美子・・44位

河本結・・・・54位

上田桃子・・・60位

成田美寿々・・61位

勝みなみ・・・62位

小祝さくら・・72位

原英利花・・・88位

岡山絵里・・・94位

新垣比菜・・・96位

 

畑岡奈紗も調子を落としているし

ランクも徐々に下がってきた。

日本選手3番手に下がった鈴木愛の心中も穏やかでは

ないでしょう。

2名のみの出場かそれとも3人以上送り込めるのか?

出場を念願する他の選手達はあくまでも勝利を追求して

ポイントを上げるしかありません。

 

出場をめぐる争いは来年の6月末まで息を抜けません。

f:id:t6911:20190806191907p:plain

渋野のメジャー制覇は、女子ゴルフ界全体をざわつかせ、

他の選手達には、大きな希望を与えるとともに

漠とした危機感も呼び起こし、

改めてプロゴルファーになった意味を知らしめたであろう。

 

ボヤボヤしてたら、置いてけぼりを食らっちゃう。

タラタラしてたらお婆ちゃんになってしまう。

 

美しき戦士たちの

新たな、そしてより激しい戦いが・・・始まります。

 

スポンサーリンク