達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人の最新クラブセッティング②アイアン、ウェッジ、パター編:おまけもあるよ!

スポンサーリンク
 

前回に引き続いて

達人の最新クラブセッティング第2弾、

今回はアイアン、ウェッジ、パター編です。

🚩 アイアンは長く愛用している

オノフ フォージド(2011年)です。

変えようと思ったことはただの一度もありません。

それほど、惚れ込んでいます。

何より上品で美しいアイアンです。

f:id:t6911:20190729115659j:plain

フェースのフォルムもいいし

大きさも丁度いい。

操作性が保証されている。

 

これ以上大きくなると

ミスヒットには強いが操作性は失われる。

絶妙な大きさになっているわけだ。

 

シャフトはオリジナルカーボンの

‘’スムースキック7111‘’のS。

 

カーボンだからといって

柔らかく頼りないシャフトではない。

セミハードヒッター向けの仕様になっているので

とてもしっかりしている。

だから飛距離のばらつきがない。

f:id:t6911:20190729115546j:plain

軟鉄だから、当然打感も柔らかく

芯を食った時の感触は何とも心地いい。

打っていて楽しく、もっともっと上手くなりたいと

思わせるアイアンだ。

⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳

 

🚩 ウェッジは

ブリジストンツアーステージXウェッジ2007年)の

51度、56度、58度の3本、

 

52度を51度のものに変更しただけで

この古いツアーステージのウェッジも

長年変えていません。

以前にも書きましたが、ウェッジ好きの私が

さまざま試した末行き着いたウェッジです。

f:id:t6911:20190729115755j:plain

ウェッジこそ、「顏」

 

ターゲットに近い所で多用するウェッジは

まず直感で、打ちやすそうな、寄せられそうな、

そんなイメージを持たせてくれる顔が

とても大切だと思っている。

 

フェースの大きさ、シャフトの挿し方、

ソールの形状なんかが

きっと私に合っているんだと思う。

 

結果が出ているから、なおさら変えられない。

 

サビも浮き、くたびれも出てきたけど

もうしばらく頑張って欲しいと思っている。

⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳

 

🚩 パターはオデッセイ:WHITE ICE ix9

f:id:t6911:20190729122005j:plain

友人とのプライベートなラウンドでは

50センチにも満たないパットでも

絶対OKをもらえなかった

ショートパットちびりの私が

「オレって結構パッティング上手いんじゃねー」と

劇的に変えてくれたのがこのパターである。

 

もちろん、アドレスやストロークのやり方、

ボール位置などいろいろ練習を重ねた成果だとは

思うけど、実際にコースで結果が出始めたのは

やはりこのパターに巡り合ってからだ。

f:id:t6911:20190729121919j:plain

 重さと長さが私にフィットしているからだろう。

だから座りがいいし、アドレスも決まる。

打感も柔らかい。

ショートパットをクロスハンドにしたことも

好結果に間違いなく結びついたと思う。

フェースが小さいことも集中力を生む。

スポンサーリンク
 

パターは最後の詰め、

全幅の信頼の置ける、惚れ込んだ一本を

皆さんもぜひ見つけ出して欲しいと思う。

 

以上、14本でコースに戦いを挑もうと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして,最後におまけです・・

f:id:t6911:20190729135337j:plain

 久しぶりに練習場で会った友人のバッグです。

本人のスイングはいささか変則で

決して‘’ワンピース‘’なスイングではない。

その友人はこの8月で58歳、

 

ゴルフは楽しくなくっちゃね!!

 

スポンサーリンク
 

 

 

www.tatsujin72.com