達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

3人の職人プロから学べ! 予選落ちを飛距離のせいにしたがる若手プロたちへ。

スポンサーリンク
 

「やっぱり飛距離が足りない・・」

 

海外での試合に参加した日本人選手の多くが

試合後語る言葉だ。

 

もう聞き飽きた。

 

そんなこと、初めから分かってたこと。

 

肉体強化と効率良いスイングと道具で

10や15ヤードは伸びるだろうが、

それが出来たからといって、勝てる保証なんて

これっぽちもない。

 

20ヤード伸びたからって

バーディを確約されているわけでもない。

 

それがゴルフという複雑怪奇で

面白いゲームなんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

飛ぶ人は初めから飛んでいるものです。

 

あなたの周りにもいませんか?

背が高いわけでもない、マッチョでもない、

それでも飛んでいる、

そんな人。

 

遠くへ飛ばせる能力はある意味先天的なもの、

ゴルフでも野球でもよく言われますよね。

 

⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳⛳

 

‘’マムシ‘’の異名で呼ばれたレジェンド杉原輝雄

フェアウェイウッドをウェッジの正確性で操り、

かまぼこ型パターでいやらしいパットを決め続けた。

 

f:id:t6911:20190723180655p:plain

 

「チームセリザワ」の総帥、芹澤信雄

ジャンボ尾崎に‘’パーパットは世界一上手い‘’と

言わしめた。

 

f:id:t6911:20190723181000p:plain

 

丸山茂樹は多彩なアイアンショットと

どこからでも寄せてくる抜群のウェッジ技術で

米ツアーで3勝を挙げた。

 

f:id:t6911:20190723181226p:plain

 

3人とも、決して飛ぶ方ではない、

むしろ飛ばない部類に入るだろう。

 

‘’飛ばないオレはこれで勝負するんだ‘’というワザを

血のにじむ努力で身に付けたんだと思う。

強い覚悟も必要だ。

 

スポンサーリンク
 

飛ばす努力を否定するわけじゃない。

ただ、飛距離幻想に取りつかれ過ぎるのは

賢明なプロの生き方ではない。

 

飛距離は負けるけど

これだけは誰にも負けないという武器を作らなきゃ

いつまでたっても‘’もう少し飛距離はあれば‘’という

アホな発言と予選落ちを繰り返すだろう。

//////////////////////////////////////////////////////////

 

飛ばない選手が飛ぶ選手を負かす・・

これこそ痛快。

 

「小よく大を制す」って言葉もある。

これこそ、スポーツの醍醐味だよね。

 

出でよ!

職人プロ!

スポンサーリンク