達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

松山英樹の敗戦とかつての専属キャディ、進藤大典氏の凄すぎる言葉。

スポンサーリンク
 

 

朝早くからゴルフネットワークの画面に

かじりつき、

松山のプレーを見守っていたが、

6番、パー5のトリプルで

松山と私の全米オープンは幕を閉じた。

f:id:t6911:20190617190411p:plain

 

イーグルを1個、バーディを19個取っても

勝てなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ゴルフネットワークの解説をしていたのは

昨年まで松山英樹の専属キャディをしていた

進藤大典氏。

 

アナウンサーから「キャディの一番大事な仕事は?」

聞かれた進藤氏はこう答えた。

 

「絶対、ダボを叩かせないことです!」

 

なるほど!

私は唸った。

 

ボギーなら、取り返せるチャンスは

来るだろうが、

いくらプロとはいえ

2つ取り戻すのは大変な作業である。

まして、トリプルは致命的である。

メジャーは我慢大会、

ショットもパットも

そう悪くない印象だっただけに

何とももったいない試合だった。

スポンサーリンク
   

 

そこで、進藤氏の発言が重みをもってくる。

 

綿密なコースマネジメントを選手と共有できるか?

メリハリのある冷静な判断力を持ち合わせているか?

選手の性格、思考、癖を知り尽くしているか?

そもそも、密なコミュニケーションがとれているか?

 

・・・私には、

松山ひとりが闘っているように見えた。

f:id:t6911:20190617185739p:plain

       ゲーリー・ウッドランド

 

最後まで、落胆を見せず、

後半は4バーディ、2ボギーと盛り返した松山は

さすがだが、

結果をみれば、優勝したG・ウッドランドとは12打差がつき

悲願のメジャーに手をかけることは

出来なかった。

 

www.tatsujin72.co

 

いつの日か

メジャー最終日、18番グリーンで

歓喜の抱擁を交わす松山と進藤氏の姿を

夢想してしまう私がいる。

 

スポンサーリンク