達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

アイアンショットの極意は、子供じみた「おまじない」から?

スポンサーリンク
 

 

今でも心地良い感触が手に残っている

1打がある。

 

先週のラウンドでの事だ。

鳥取カントリー倶楽部・吉岡コース」

7番ホール、473ヤードの短いロング。

 

ティーショットはセンターから左の方向へ

曲がっていった・・(ア、ア、ア、・・)

 

止まれー!

 

命拾いだ(ホッ!)

もう少しで左のOBになるところだった。

f:id:t6911:20190616141721p:plain

 

でも私にしては距離は結構出ていたので

5番ウッドくらいでグリーンに届きそうだったが

球はとても上がらなさそうなラフに。

 

しかも、ちょい打ち上げでグリーンはおわん型。

グリーン手前には、パックリと大きなグラスバンカーだ。

 

調子こいたら、ひどい目に合う。

 

当然刻みだ。

7番アイアンでグラスバンカーの手前に

運ぶことに決めた。

f:id:t6911:20190616094906p:plain

 あの辺りだな。

アドレスに入る。

 

スパッ!

 

 綺麗にヘッドが抜けた。

フィニッシュも崩れない。

球はグラスバンカーの10ヤード手前、

ピンまで55ヤードの所に着弾した。

 

そうです、

この7番アイアンのショットが

良い感じで手と脳に残っているんです。

 

スポンサーリンク
   

思い起こすと

ナイスショットは、

池の手前とか

バンカーの手前とかに

刻んだショットが圧倒的に多い気がする。

f:id:t6911:20190616115719p:plain

乗せよう、

飛ばそうという欲と邪念が

いかにナイスショットの邪魔をしているかってこと。

 

グリーンに届かせる必要がない、

どうせ届かないと思いながら打つショットは

淀みがない。

体も十分リラックス出来ているはず、

力の抜けたショットは

不思議と距離も出ているもんだ。

 

決めた!

 

次からアイアンを打つ時は、

‘’これは、刻みのショットなんだ‘

思い込むことにしよう。

 

子供だまし?

安直?

 

でもゴルフって

その心の持ちようで

ガラッと変わることもある。

www.tatsujin72.com

 

その証拠に

刻んだ2打目の心地良さが

3打目に結びつき

ご褒美のバーディ奪取だ。

 

間違いなく

繋がっている。

 

この感じ、

大事にしたいな。

 

スポンサーリンク