達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人のラウンド報告:あのボールで前回のリベンジは出来たのか?

スポンサーリンク
 


日時:2019/6/12

コース鳥取カントリー倶楽部・吉岡温泉コース

天候:曇り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早朝の雨も上がり、

日差しもそれほど強くなく、

暑くもなく、寒くもなく

絶好のゴルフ日和だ。

後半崩れた前回のリベンジに燃え

今回も吉岡の門を叩いた。

 

スタートは、

いきなりリベンジすべきINコースからだ。

 

 ⛳ INコース

 

10番(PAR4):2オン2パットのパー

11番(PAR4):3オン2パットのボギー

12番(PAR4):3オン1パットのパー

        ティーショットの正確性と飛距離も要求される

        410ヤード超のハンディキャップ2の難しいホール、

        ここでのパーは本当に嬉しい。

        

13番(PAR3):3オン1パットのボギー

       5番アイアンのティーショットはハーフシャンクで

       右のブッシュに消えた(OB)が

       打ち直しの3打目が1メートルに付いた。

       最低ダボは覚悟していただけに

                         ボギーで収まったことで

       「今日はイケる」と確信した。

 

       しかし、ここから苦難のボギー連鎖が続く。

       

14番(PAR4):2オン3パットのボギー

15番(PAR5):4オン2パットのボギー

16番(PAR4):3オン2パットのボギー

f:id:t6911:20190613074359j:plain

17番(PAR3):ここで一息つく。

        谷越えのショート、2パットのパー

18番(PAR5):4オン2パットのボギー、

       せっかくのティーショットを無駄にして

       前半終了。

 

       パーオン3/9,、パット数19、

       スコア42.

 

       前回よりは3点良かったが

       これでリベンジなったかというと

       もったいないショットやパットが多すぎて

       気分はも一つ上がらないけど

       まあ、これがゴルフ。

 

       とりあえず、飯だ、飯だ。

f:id:t6911:20190613074455j:plain

        お昼はトンカツ定食にしたよ

 

たわいもない会話を交わしながらの仲間との食事、

楽しい時間だ。

これもゴルフをやってるからこそだね。

さあて、腹も満たされた、

OUTコースへ。

 

 OUTコース

f:id:t6911:20190613084921j:plain

 

1番(PAR5):3オン2パットのパー

2番(PAR3):1オン2パットのパー

3番(PAR4):3オン2パットのボギー

4番(PAR4):2オン2パットのパー

5番(PAR4):3オン1パットのパー

6番(PAR4):3オン1パットのパー

7番(PAR5):3オン1パットのバーディ

8番(PAR3):1オン2パットのパー

9番(PAR4):3オン2パットのボギー

 

パーオン5/9、パット数15、

スコア37。

 

◎ トータル79、

  パーオン8/18、総パット数34.

 

短い最終9番でつまらんボギーを叩いて

しまったが、37は大満足だし

久しぶりの70台(ギリギリだけどね)も嬉しい。

このコースでのベスト更新も出来たし、

まだまだ若いもんには負けてられない!

 

スポンサーリンク
   

 

 

※ 今回のラウンドを振り返る

 

 特にドライバーショットが良かったことが挙げられる。

左に曲がり気味ではあったが、そのせいもあって

飛距離もいつもより出ていた。

それは、ボールのおかげなのか?

ここしばらくは、キャロウェイのクロムソフトを

使っていたんだけど、今回はフト思いついて

昔のプロV1を引っ張りだしてきた。

昔はこれ一辺倒だったボールである。

いいんだね!これが!

現在使用のビッグバーサとの相性バッチリ。

打感良し、打音もいい、飛んだと思わせる響きだ。

ボールが落ちた地点も前回より10ヤードは

前に行ってる。

アプローチの距離感も合ってる。

ただ、パッティングがことごとくショート気味、

朝方の雨のせいなのか?

ボールのせいなのか?

私の修正力の無さなのか、それは分からないが

又、使ってみようかなと思わせるV1のさすがの

性能であった。

 

※ もう一つの気付き

 

ミスの大きな原因は打ち急ぎ。

 

ショットに対する不安、

結果が早く知りたい、

恐怖心から早く逃れたいという気持ちから

スイングにタメがない。

打ち急いでしまう。

だから、当たらない、飛ばない、曲がる。

 

シャフトは硬い棒ではない。

しなるといことを忘れてしまっている。

飛ばすためのシャフトなのに

それを活かせない振り方をしている。

 

極端に言えば、ダウンスイングに入ったら

右腰辺りで手を止めてしまう感覚の方が

シャフトは飛球方向にビューンとしなる。

これをプレルーティンに組み込んでしまえばいい。

 

‘’人の振り見て、我が振り直せ‘’

これは、ゴルフにも十分通用するね。

 

www.tatsujin72.com

 

スポンサーリンク