達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「アイアンはこう打てばいいんだよ」:柔和な笑顔のレジェンドプロ、‘’海老原清二‘’の教え

スポンサーリンク
 

穏やかな話しぶりと柔和な笑顔。

釣りとドライブを愛する

今年70歳のベテランプロゴルファー、

 

海老原清二

f:id:t6911:20190522164158p:plain

 

若い人には、あまり馴染みのない名前かもしれないが、

私の大好きなゴルファーだ。

 

先週開催された

日本プログランド・ゴールドシニア選手権(5 /18 ,19 )の

ゴールドの部(数え年で68歳以上)で、

初日74と出遅れたものの、決勝ではエージシュート達成の

スコア70でまわり、同スコアで並んだ3人との

プレーオフを制し3連覇を飾った海老原。

 

レギュラーツアー時代は、

1985年の中日クラウンズの1勝だけだったが、

海老原が輝きを見せるのは、50歳を過ぎてからだ。

 

02年には欧州シニアツアーで3勝を挙げ、

同ツアー日本人初の賞金王に輝き、

 

翌年は米シニアツアー(チャンピオンズツアー)に

フル参戦をした凄いゴルファーだってこと、

忘れちゃいけない。

スポンサーリンク
   

以前、その海老原のレッスン動画を見たことがある。

アイアンのテークバックについてのものだ。

 

簡単に説明すると、

テークバック時左ひざは絶対にボールの

右側に来てはいけないという内容だった。

f:id:t6911:20190522164640p:plain

 

左ひざがボールの右側に来てしまうと

すくい打ちになりがちだということ。

上から打つ(ダウンブロー)アイアンの場合は

左ひざを必要以上に右に寄せてはいけないと

いうことなのだろう。

 

スポンサーリンク
 

我孫子一門で青木ファミリーの一員でもある海老原、

同じファミリーの金井精一、鷹巣南雄らと

切磋琢磨しながら作り上げてきたゆるぎないゴルフ。

 

「あの年であれだけ振り切れるのは凄い」と

若手プロが驚く海老原のスイングは

今でも輝きを保っている。

 

そのレジェンドが教えてくれるこのレッスン、

アイアンのテークバックで悩んでいる方は

一度試してみたらどうだろう。

スポンサーリンク