達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「中日クラウンズ2019」宮本勝昌の優勝の陰には、チーム芹澤、ハウスキャディさんとの厚い信頼と家族の願いがあった。

スポンサーリンク
 

⛳「中日クラウンズ2019」

 

最終ホール

これを決めれば優勝というパット、

しかし、

難解なライン。

8メートル。

 

打ち出されたボールは微妙な傾斜を

ゆるやかに転がり、

コトンとカップに消えた。

当の宮本勝昌でさえ、

「え?入ったんだ!」という表情をみせた。

 

2年ぶりの勝利で通算12勝目だ。

昨年6月に発症した、モノが歪んだり、二重に見えるという難病、

‘’フィッシャー症候群‘’を克服しての

見事な復活優勝だった。

f:id:t6911:20190507115522p:plain

優勝パットが決まったその時、

宮本に付いていたベテランのハウスキャディさんが

「スゴイ!」と叫び、そして涙ぐんだ。

 

私は、この光景が、なぜか印象深い。

 

キャディさんの力は大きかったに違いない、

そう思った。

 

余談だけど、宮本のヘアスタイルも気になったね。

 

まあ、とにかく、おめでとうだ。

スポンサーリンク
   

この大会は‘’チーム芹澤‘’にとっても

記憶に残る大会となったのではないだろうか。

 

来月には50歳になる番頭格の藤田寛之

-6で5位タイとしっかり上位に食い込んだ。

 

上井邦浩は、+2で37位タイ、

 

チームの大将、59歳の芹澤信雄自身は

+12で70位タイだったが、

素晴らしいことは、

和合というこの難コースで、出場したチーム芹澤の

メンバー全員が予選を通過したこと。

 

宮本をグリーン周りで

迎えたメンバーたちの笑顔。

 

子供たちを抱き寄せ

父の顔に戻った宮本の顔は

輝いていた。

f:id:t6911:20190507120044p:plain

子供の日の晴れやかな勝利だった。

 

チーム芹澤の祝勝会は

さぞやにぎやかだったでしょうね。

スポンサーリンク