達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

「令和」になった今、30年前を振り返ってみた。‘’平成元年(1989年)‘’の日本女子プロゴルフツアーの美しくも逞しき戦士たち。

スポンサーリンク
 

「令和」を迎え、女子プロゴルフツアーは

ますます選手層も厚くなり

その中でも20歳前後の若手の活躍が目立つ

より華やかなフィールドとなった。

 

そこで気になった

 

平成元年(1989年)の女子ツアーは

どんな感じだったのだろう?

ちょっと振り返ってみたいと思う。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

1989年の試合数は39試合、

現在と変わらない。

以外といえば以外、盛況だったんだね。

 

まずは、その39試合のうち36試合に出場して

5勝を挙げた選手から紹介したい。

 

その選手とは、

台湾籍の涂阿玉(ト・アギョク)である。

f:id:t6911:20190430081132p:plain

台湾仕込みのパンチショットを駆使し、

(台湾は風が強いコースが多いため、それに負けない

体重の乗った低い弾道のショットを得意としていた)

また、試合最終日は必ずと言っていいほど

168センチ、55キロのスリムな体形をピンク系の上下

(下はパンタロンだったな・・)に身を包み

あざやかに優勝をさらっていったため

ピンクパンサーと呼ばれていたんですよ。

 

80年代はまさに敵なしの状況でした。

 

1981年に日本ツアーに本格参戦し、

82年、83年、86年には年間9勝をあげ、

この年(1989年)以外にも82年~86年、91年と

7度の賞金王に輝いています(通算58勝)。

まあ、それは強い選手でした。

 

涂阿玉の活躍はその当時層が薄かったからなの・・?

 

とんでもない!

凄い選手がゴロゴロいたんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に紹介する選手は

32試合に出て、涂阿玉を上回る6勝をあげた

小林浩美です。

f:id:t6911:20190430130746p:plain

現在の日本女子プロゴルフ協会会長ですね。

ソフトボール出身で170センチの長身を活かした

飛距離が持ち味でした。

いつでもピタッと決まるフィニッシュが

特に私の印象に残っています。

 

翌年から米ツアーに参戦、

93年にはJALビッグアップルクラシックで優勝し

樋口久子岡本綾子に次ぐ日本人3人目の

優勝を達成し、

以降米ツアー通算5勝をあげています。

(日本通算10勝)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まだまだいますよ!

スポンサーリンク
   

日米を股にかけ活躍した

国内44勝、米ツアー17勝、

87年の米ツアー賞金王のレジェンド、

そう、岡本綾子です。

 

1989年は、日本で9試合に出場し

優勝は2回(2位2回、3位1回、4位1回)

さすがですね。

この年は、米ツアーでも1勝を挙げ、

メジャーの全米女子プロでは2位に入っています。

 

本当に凄い選手でした。

www.tatsujin72.com

 

日本ツアー18勝、米ツアー1勝、

現在はツアーのレポーターとしても活躍されている

平瀬真由美も忘れてはいけません。

f:id:t6911:20190430090628p:plain

1989年当時は、若干18歳。

前年にプロ転向した平瀬はこの年3勝をあげています。

‘’ニュースター誕生‘’と騒がれました。

 

93年、94年と2年続けて賞金王に輝き、

96年から米ツアーに参戦、

同年、東レジャパンクイーンズで

米ツアー初優勝を飾っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

複数回優勝を遂げた

選手はまだまだいます。

 

日本ツアー41勝、

森口祐子です。

f:id:t6911:20190430131038p:plain

トーナメントの解説者としてよく目にしますね。

この年、出場26試合で2勝をあげました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じくこの年2勝、通算20勝の

塩谷育代

f:id:t6911:20190430090841p:plain

彼女も解説者として活躍されていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

男子ゴルフのレジェンド、中島常幸を実兄にもつ

中島恵利華も同じく2勝(通算4勝)をあげています。

f:id:t6911:20190430084956p:plain

実力もルックスも兼ね備えた

元祖アイドルゴルファーです。

 

病気により早くにツアーから撤退、

将来が大いに期待されただけに

本当に残念だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このほかにも、

高須愛子が2勝(通算17勝)。

f:id:t6911:20190430085606p:plain

 

日陰温子が1勝 (通算18勝)。

 f:id:t6911:20190430085201p:plain

山崎千佳代が1勝(通算8勝)など、

f:id:t6911:20190430085834p:plain

平成元年は、

そうそうたるメンバーが覇を競った年でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

3勝した平瀬は18歳、

今の黄金世代も真っ青の活躍です。

中島は24歳、塩谷と山崎は25歳でした。

それより驚くのが、当時、岡本と高須は37歳、

日陰は35歳、涂と森口が33歳だったこと。

ジュニアゴルフの環境がまだ整っていないころです、

平瀬の例は別として、まだまだベテランがツアーを

牽引していた時代なんですね。

 

今と違って、ゴルフ以外じゃなかなか稼げない時代、

プロ根性とは、1円でも多く稼ぐこと。

みなそれぞれに鍛え、積み上げてきた技術をもち

強烈なライバル心を胸に秘め、

コースに出ていった女戦士たち、

 

そこはまぎれもなく女たちの戦場でした。

www.tatsujin72.com

スポンサーリンク