達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人の休日:城下町「鹿野」から、故‘’谷口ジロー‘’氏の心の風景「遥かな町へ」

スポンサーリンク
 

 

鳥取市は今日も快晴、

予想気温も23度、

こんな日に家に籠っているわけにはいかない。

車を走らせ、西へ向かう。

 

日本海沿いに伸びる国道9号じゃなく、

かつては通勤に使った道を使う。

いってみれば裏街道だ。ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

 

市街地を抜け、ホームコースのゴルフ場を過ぎ

城下町、鹿野に入る。

少し早めの昼食を摂ることにした。

f:id:t6911:20190421140246j:plain

f:id:t6911:20190421140323j:plain

           すげ笠御膳(1100込)

    鹿野管笠・・約400年前鹿野城主亀井玆矩が農村振興の一助に

      副業として奨励したことに始まるとされている。

 

筍ごはんやこごみの天婦羅、名物の鹿野そばなど

地元の旬の食材をたくさんの小鉢に丁寧に盛り付けられ

味はどれも申し分ない。私には量的に物足らないが

女性には人気の御膳だ。

f:id:t6911:20190421144016p:plain

そして、もう一軒、

 

都会から移住した若い店主が

一品一品丁寧に焼き上げたパンが人気の

民家を改築した小さな店だ。

f:id:t6911:20190421142918j:plain

f:id:t6911:20190421142952j:plain

 何点か買い求め、

さて出発 🚙

今回の目的地はここではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここからは河内川に沿って

ひたすら山に分け入り

車を走らせること10分、

上流にかかる橋を右に渡れば、

佐谷峠だ。

 

何だかとても懐かしい。

何度も何度も走ったこの道。

 

体に染みついたRは忘れてはいない、

曲がりくねった峠道を上り、

しばらくすると頂に出る。

 

そこからの見晴らしは

また格別だ。

f:id:t6911:20190421135044j:plain

この景色も変わらない、

大きく深呼吸。

 

峠を下り行けば、国宝投入堂三徳山

www.tatsujin72.com

 

そして、ほどなく私がかつて働いていた三朝温泉

f:id:t6911:20190421135125j:plain

でも目指すところは

ここでもない。

スポンサーリンク
   

倉吉市だ。

 

鳥取県中部に位置する人口5万ほどの小都市である。

 

今でこそ、孤独のグルメなどで広く知られるようになったが、

日本国内よりもむしろ海外での評価が高い鳥取市出身の漫画家

谷口ジローの2004年発表の作品

遥かな町へは、この街が舞台になっている。

f:id:t6911:20190419192709p:plain

 

切なさとノスタルジー溢れるこの作品のところどころに

江戸時代から昭和にかけての町家や赤い石州瓦を葺いた

白い漆喰の土蔵群が立ち並ぶ通称、【赤瓦】と呼ばれている

国の重要伝統的建造物保存地区が描かれている。

 

f:id:t6911:20190421135202j:plain

こじんまりとした町家風の土産店や

土蔵を改造した民芸館などをゆっくり見て回る。

 

f:id:t6911:20190421145130j:plain

 

無機質なモノがあふれる中、

ひっそりと、でも確かな息遣いを感じる街並み、

時間がここだけ静かに流れているようで

私はとてもいい気分になった。

f:id:t6911:20190421162013j:plain

 

 鹿野から倉吉

 

往時の面影を色濃く残し、

江戸、明治、大正、昭和、そして平成と

生き抜いた

武家屋敷や古民家や商家。

 

いつまでも残してほしいこの風景も

もうすぐ‘’令和‘’を迎える。

 

スポンサーリンク
   

 

 

www.tatsujin72.com