達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

【体重移動のポイント】力強いショットが欲しいなら、右体側の素早い回転が欠かせないんだ。

スポンサーリンク

ゴルフにおいて、

ボールに力を伝え、飛距離を出すためには

体重移動がどうしても必要である。

「手打ち」だと、飛距離はたかがしれてるし、

ダフり、トップなどのミスも多発する。

 

しかし、言うほど簡単じゃないし、

出来てると思っているゴルファーでも

効率よくボールに力を伝えられる体重移動

出来ているかというと疑問符が付く。

f:id:t6911:20190318173807j:plain

体重移動を意識しすぎて(早すぎて〉、上体が突っ込んだり、

球を上げようとして右に体重が残りぎみになったりする

ゴルファーも多い。

 

前述の上半身の力に頼った‘’手打ちスイング‘’も

体重移動が上手くいかない原因の一つでしょう。

 

スポンサーリンク
   

では、スムーズな体重移動を可能にするのは

何を、どの部分を意識したらいいのか?

f:id:t6911:20190318173858j:plain

⛳それは・・・体の右体側」なんです。

 

切り返しと同時に

右体側(厳密に言えば、右腰から右足くるぶしのライン)を

クルっと左に回転させればいい。

f:id:t6911:20190322102415p:plain

やってみたら分かる。

回転スピードも上がり、勝手に左に体重は移動する。

腕も勝手に付いてくる。

 

あれやこれや色々試してみたけど

しっくりいかないゴルファーは

ぜひ試してほしい。

 

体全体のパワーがボールに伝わるので

強い球が打てる。

f:id:t6911:20190318173933j:plain

腕をリラックスさせて

テークバックは小さくていい。

ダウンスイングに移る瞬間に

体の右サイドを左にクルっと回転させる、

左に寄せる意識は必要ありません、

それだけ。

 

今まで感じたことのない力強い球が出るはずです。

当然、飛距離もアップするでしょう。

 

ぜひ、試してみてください。

 

スポンサーリンク