達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

大事なことは、自分の飛距離を知ること。それを知るカギは、左肩主導のスイングにあり!

スポンサーリンク

 

 アイアンはフルショットをするクラブではない。

 

何度も何度もレッスン本で目にしたし、

何回も何回も先輩から聞かされた言葉だ。

解かってはいる。

 

 アイアンは距離を打ち分けるクラブだ。

 

分かってはいる。

でも,自分のポテンシャル以上に飛ばそうとする。

それよりもっと困ったことは、

大抵の人が自分の飛距離を過大評価していることだ。

 

これまで多くの人たちと回ったことがあるが、

大抵のゴルファーが

7番で150くらいかな?と

当たり前に言う。

不思議なくらいに。

しかし、実際のコースでは、140ヤードにも届かない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 例えば、⛳ ‘’150ヤードのショートホール‘’

 

自分は7番で150ヤード飛ぶと信じて疑わないゴルファーが

いくらナイスショットしたって、

実際の飛距離が135ヤードしか持っていなかったら、

到底グリーンには届かないわけだ。

 

それはかさ増しされた飛距離階段ベースに

しているから。

自分のモノサシが狂っていたら、

ゴルフの組み立ては難しい。

 

f:id:t6911:20190315103712j:plain

 大事なことは、自分の飛距離を知る事。

 

クラブごとの飛距離をコンスタントに

出せる人が本当に強いゴルファーだ。

 

思い切り引っ叩いた飛距離じゃない。

コンパクトなスイングで滑らかに

そして気持ちよく振れたスイングで

得られた距離を知ること。

 

7番アイアンで140ヤードの人が

頑張って頑張って、5ヤード飛距離を伸ばしたところで

どれだけの意味があるのかってこと。

6番軽めでいいじゃないかってことになるし、

頑張るスイングばかりじゃ18ホールは持たないからだ。

 

ゴルフは、その距離をいかに小さなクラブで

打つかを競うスポーツではない。

まずは、そこをしっかり押さえることが大切だろう。

スポンサーリンク
   

じゃあ、自分の各アイアンの飛距離を決める

スイングはどう作るのか?

f:id:t6911:20190315103809j:plain

 

。。。そのポイントは、左肩にある。

 

私の場合、

左肩を上下左右にできるだけ動かさない、

その場で回転させる、

そんな感覚で打つことにしている。

そうすれば、コンパクトなトップが作れ、軸もゆがまない。

(実際は、多少左肩は右に移動するんだけどね)

 

左肩がスイングの支点であり、ベアリングのイメージだ。

ベアリング・・・回転する軸を助け、支える部分)

 

テークバックが物足りなく思うかもしれないけど

これで充分。

ただ、打ち急ぎには気を付けること、

一拍置いてダウンスイングね。

 

勢いを付けない、大人しく、柔らかく回すことも大切です。

f:id:t6911:20190315103851j:plain

そのショットで得られた距離が自分の飛距離と

決めること。

そうすれば、ナイスショットがグリーンに乗らないという

悲劇からオサラバできる。

 

歯を食いしばらない

7割ショットで気楽にいきましょう!

 

スポンサーリンク