達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

飛距離アップには、「へそ」と「右足つま先」、そして「腹筋一日50回」?

スポンサーリンク

練習場で見ていると、

やはり体が使えていない人が多いようだ。

フィニッシュをとっていても、

それは、あと付け感タップリで、

体格の割に、飛距離も物足りない。

円盤投げ、ハンマー投げでも

体を速く回転するからあれだけ飛ぶ、

 

たとえ怪力の持ち主だとしても

体の回転が無ければ、

あれほどの飛距離は出ない。

f:id:t6911:20190228095620j:plain

それは、ゴルフでも同じで

手を思い切り振ったところで

インパクトがゴールであれば、

そこでヘッドスピードは減速してしまう。

 

ヘッドを加速させ、飛距離を伸ばすためには

インパクト以降のフォロー、つまり

軸となる体(胴体)の回転が絶対必要なのである。

 

乱暴に言えば、ダウンスイングに入ったら、

ブーンと、クルっと一気に回っちゃったらいい。

恐る恐るボールに当てにいくんじゃなくて

よく言う、回転の途中にボールがあった、って感じ。

 

そうは言っても、それはなかなか難しいよね、

そこで、「へそ」に注目だ。

 

体の回転を速くかつ正確にするためには

体の中心にあるへそを回転させようってこと。

 

アドレスしたときのへその向きを

変えない意識でクルっと回ること。

 

スポンサーリンク
 

そこで大事なことは、インパクト以降、

へそが上を向いてしまわないようにする事。

上を向いちゃうと、体が止まり、

フォローで手と体が離れていき、

フィニッシュが上手くとれない。

 

当然、飛距離も出ないというわけだ。

左に振り抜く意識が必要なんだね。

 

確かに、キツイ、体幹の強さが要る、

腹筋もそれなりに鍛えなきゃならないけど、

本当に飛ばしたいなら、少しは頑張らなきゃね。

f:id:t6911:20190228095651j:plain

そして、もう一つのポイントは、

「右足のつま先」にある。

 

インパクト直後、右足つま先をその場で

キュッと飛球方向にひねるってことで

体の回転を、よりスムーズにさせることが出来る。

 

右足つま先のひねりを加えて

へその向きを最後まで変えないように回転すれば、

インパクト以降のスイング時間が圧倒的に短縮できて

フィニッシュも低く、ピタッと収まる。

そうなれば、以前より10ヤードアップは

確実保証です。

 

人それぞれ、その人に合った最適な回転スピードや

タイミングもあるので、根気よく探し出して下さい。

 

さあ、まずは素振りからですね!

 

スポンサーリンク