達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

標高2300メートル、トッププロたちの適応能力が試される⛳「WGCメキシコ選手権」開幕!松山、小平、今平の闘いは?

スポンサーリンク
 

⛳【WGCメキシコ選手権】

 

世界ランク上位など72人が出場する

予選落ちのない4日間大会である。

f:id:t6911:20190221175706p:plain

参加選手は、

D・ジョンソン、J・トーマス、B・ケプカ、

J・ラーム、R・マキロイ、J・スピース

R・ファウラー、B・デシャンボー、T・フリートウッド

X・シャウフェレ、T・ウッズ、F・ミケルソン

B・ワトソン、T・フィナウなど

豪華すぎるフィールドです。

 

日本からは、世界ランク26位で松山英樹

世界ランキングの繰り上がりで小平智

昨季の日本ツアー賞金ランク上位2位の資格で

今平周吾の、3選手が参加です。

スポンサーリンク
   

最大の関心は、当然のこと、

優勝争いということになるんだけど、

私のもう一つの興味は、一流プロがどれだけ距離感を

アジャストできるかどうかにある。

 

なぜなら、

大会会場の「クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック」は、

我が鳥取県の宝、伯耆富士と呼ばれる大山(ダイセン)の

標高1729メートルをはるかに超え、

富士山なら6合目に位置する標高2300メートル

展開しているコースだからだ。

 

日本一高い場所にあるコースは

長野県の菅平グリーンゴルフで

それでも標高は1600メートルほどだから

2300メートルってどんな感じなんだろうね?

 

高原ゴルフは、よく球が飛ぶって聞くんだけど

実際のところ、私自身はあまり経験もないし

よく分からないが、

 

標高が上がれば→気圧が下がる→

気圧が下がれば→空気抵抗が減る→

空気抵抗が下がれば→飛距離が伸びる

 

どれくらい飛ぶのかは分からないけど

空気抵抗が減るということは

飛んでいくボールだけじゃなく、

スイングのスピードも上がるということだから

飛距離は伸びるということは

間違いなさそうだ。

 

昨年出場した小平は、

飛距離15%アップの計算で試合に臨んだそうだが

それでも余計に飛んだそうで今年は18%アップで

対応すると言ってるけど

果たしてそんな計算通りにいくかどうか?

f:id:t6911:20190221195028p:plain

選手やキャディは、

風、気温、芝質、標高差などに対する

高度な適応能力を試される興味深い大会

なりそうだ。

 

松山はここ3戦トップ15に入り、

実力を証明した。

小平は祭りのあとのような気の抜けたゴルフを

又戦闘ムードに変えられるかどうかだ。

今平は、

世界のトップにどう立ち向かうのか?

 

4日間、たっぷりと楽しみたいね!

 

 

スポンサーリンク