達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

2019年女子ゴルフツアーは、群雄割拠の様相だ。そんな中、達人は、4人の「桃」に注目してみようと思う。

スポンサーリンク

 

昨年度のツアーで賞金ランク50位以内を確定させ、

今季のシード権を獲得した選手の平均年齢は

26,4 歳でツアー史上最年少となった。

 

 

2000年初頭に比べ、4歳ほど若返った計算である。

 

それをもたらしたのは、

小祝さくら(20)、松田鈴英(20)、勝みなみ(20)、

新垣比菜(20)、原江莉花(19)ら

黄金世代と呼ばれる20歳前後の選手達の活躍にある。ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

逆にシード落ちを喫した選手の中には、

笠りつ子、渡邊彩香、吉田弓美子

藤田さいき、西山ゆかり、服部真夕、堀琴音

人気、実力でツアーを牽引してきたお馴染みの名前がある。

それらシードを失った選手達15人の平均年齢は30,1 歳、

 

女子プロゴルフ界にも確実に世代交代の波が来たことを

感じさせる結果となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今季は、

トップに君臨するアン・ソンジュや申・ジエなど

ベテラン韓国勢を、黄金世代が引きずり下せるのか、

それともシード復活を狙う実力中堅派が巻き返すのか、

鈴木愛比嘉真美子だって、黙ってはいないはずだ。

一方、黄金世代に負けじと虎視眈々とシード獲得を

目指す若手選手達のプレーも大いに期待したい。

スポンサーリンク
   

その中で、私は、今季気になる「桃」の字のつく4人の選手に

注目してみたい。まずは、

 

⛳ 上田(うえだももこ)

f:id:t6911:20190209191411p:plain

生まれた時から、お尻が大きかった(桃尻)ことが

名前の由来だという。

‘’桃尻‘’は自身のブログのタイトルでもある。

 

そのヒップターンから生まれる美しいスイング、

切れ味鋭いショットは健在だ。

ツアー通算13勝を挙げ、2007年には賞金女王に輝いた

実績もあるが、昨季は未勝利。

32 歳、まだまだ老け込む歳ではないだろうが

うかうかしてると、若手の大きな波に飲みこまれてしまう。

今季は存在感を見せたいところだ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

⛳ 大里(おおさとももこ)

f:id:t6911:20190209191014p:plain

2018年のプロテストに合格後、早くも昨年8月の

CATレディスでツアー初優勝を飾った大里も20歳、

黄金世代の一人である。

 

落ち着いたプレーぶりと、

170センチの長身を活かした250ヤードの

ドライバーショットが魅力だ。

将来必ずやツアーの顔になるであろう逸材だと

私は思っている。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

⛳ 三浦(みうらももか)

f:id:t6911:20190209183955p:plain

2月12日に20歳を迎える彼女は、

169センチのスラリとした体躯と

笑顔が愛らしい今人気のゴルファーである。

しかし、その笑顔の裏に、勝負師としての

相当な負けん気も見え隠れする。

昨年フル参戦するも終盤失速、シード権は獲れず

悔し涙を流したが、最終QTでは6位に滑り込み

今季シーズン前半戦の試合への出場権を獲得、

リベンジの機会はしっかり確保した。

 

つい先日、キャロウェイとの契約を結び、

気持ちも新たにした三浦は、満を持して

ツアーに殴り込みをかける。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

⛳ 吉川(よしかわもも)

f:id:t6911:20190209185036p:plain

現在BSで放送されている「ゴルフサバイバル」で

ご覧になった方もいるでしょう。

155センチと小柄ながら、力強いショットは

やはり頭一つ抜けています。

2017年にプロテストに一発合格、翌18年にツアー参戦するも

結果を残せず、QTでも上位に入れなかったため

今季の出場試合は限られているが、

いかにその状況の中で

どれだけのパフォーマンスが出来るのか?

彼女も20歳、勝みなみや新垣比菜らと同じ89期生だ。

負けられない戦いが待っている。

スポンサーリンク
   

今季の女子国内ツアーは、

3月7日、琉球ゴルフ倶楽部で行なわれる

ダイキンオーキッドレディス」で開幕です。