達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人は、山陰の冬の味覚`’松葉蟹`’を食らう!

スポンサーリンク
 


冬の代表的な味覚といえば、やはり蟹。

 

雄のズワイ蟹をここ山陰では「松葉蟹」と呼ぶが、

そこそこ値段も張ることもあって、

正月や何かめでたい事でもないかぎり、

なかなか私の口に入ることはない。

 

 

 もっぱら口にするのは、雌の親蟹(地方によっては、

セイコ蟹とかコウバコ蟹とも呼ぶ)だ。

1枚400円程度と手頃なこともあって気軽に味わえる。

私は、親蟹の内子(甲羅の中に入っているオレンジ色した

卵巣)が大好きということもあり、

今シーズンもかなりの頻度で食卓に上った。

f:id:t6911:20190125173634j:plain

が、しかし、今回はお久しぶりねの`’松葉蟹`’

 

特にめでたい事があるわけではないが、

妻が知り合いの業者から安く手に入れたものだ。

グッジョブ!と褒めてつかわそう。

私にとっては、おそらくこの冬最後の海の恵み、

心して頂くことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 蟹足の身は、ふっくらとして、食べ応えも充分。

カニ酢は私のお手製である。

 

酢3、砂糖1、みりん1、醤油0,5,めんつゆ1を鍋に入れ、

沸騰させ、しっかりかき混ぜて冷ますだけ。

ちょっと甘めが私のお気に入りだ。

f:id:t6911:20190125173721j:plain

 

北海道では、カニ酢は使わず、そのまま自然の塩味で

食するらしいし、カニ酢は、あまり程度の良くない

蟹をごまかすためとか言われたりするが、

それは正しくはない。

ほのかな甘みも感じられるが、どちらかと言えば

淡白なカニ身とお酢の相性は抜群にいい。

部位によって、蒸したり、焼いたり、揚げたり、

もちろんそのまま生で味わうように、

カニ酢も蟹を美味しく食べるための一つの選択肢として

アリだと思う。

f:id:t6911:20190125173800j:plain

やはりカニみそは絶品だ。

トロっと濃厚、

たまらんね!

 

みそっていったって、脳みそではない。

カニみそは、中腸線、又は肝脾臓とも呼ばれ、

人でいえば、肝臓や脾臓に当たるところ。

つまり、カニみそはレバーやフォアグラの仲間だ。

そりゃ、美味いはずだ。

スポンサーリンク
   

この冬一番の寒波がやってくるという。

明日の雪模様も気になるが、

今は、この時間をゆっくり楽しむことにしよう。

 

スポンサーリンク