達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

達人の考察:どうした松山英樹?不調から抜け出せない原因は、パッティングそれともキャディ?

スポンサーリンク
 

年明け初戦の「ソニーオープンinハワイ」では、

3日目65の好スコアで順位も10位台に乗せた松山、

得意の最終日の爆発に私は期待していたのだが

結果は73とスコアを落とし、51位タイで戦いを終えた。

 

試合を通して感じたことは、

ショットとパットがチグハグだったことだ。

特にショートパットには苦労していたように見えた。

 

短いパットに慎重になるのは当然のことだが、

慎重になり過ぎるのもどうかと思う。

それを外した場合は、ショックは何倍も大きくなるし

流れも切れてしまう。

f:id:t6911:20190116165313p:plain

ロングパットは転がす意識が必要だが、

ショートパットはやはり打たなければならない。

そうしないと、潮風に吹かれ、芽が強いバミューダ芝に

負けてしまう。

松山は、`’決め打ち`’が出来ていなかった。

 

やはり、パッティングには、悩みも迷いもあるようだ。

 

そんな時、その迷いを断ち切るような言葉を

かけてくれるキャディでもそばに居てくれれば・・

私は勝手にそんなことを思うのだ。

スポンサーリンク
   

昨年11月の日本での「ダンロップフェニックス」を最後に

6年間タッグを組んできた進藤大典キャディと

専属契約を解消したことは大きなニュースになった。

それはお互いの成長のためとはあったが

本当のところはどうなんだろう?

 

キャディの仕事といえば、

`’コースの形状`’

`’グリーンの形状`’

`’芝目、グリーンの読み方`’

`’風の向き、強さ、重さ`’

`’同伴プレーヤーの球の転がりやライン取りの観察`’

`’打ち上げ、打ち下ろしの距離加減`’

`’選手のドライバー飛距離に合わせた狙い所`’・・ 

などがあるだろうが、まあこれくらいは

プロのキャディなら当然のこと。

 

選手を勝利に導くことの出来るキャディとは、

その選手を絶対に勝たせたいという強靭な意思を

もっているかどうかが大きな要素となるのはもちろん、

さらに、

`’言葉をかけるタイミング`’

`’プレーヤーと歩くタイミング`’

`’アドバイスのタイミング`’

`’クラブを渡す、受け取るタイミング`’など

いろんなタイミングが合うことも大事だし、

選手との性格的な相性というものもある。

 

息が合ってこそ、選手も気持ちよくプレーが出来るのだ。

 

選手は繊細だからこそ、常に不安でもある。

気持ちをリラックスさせることはもちろんだが、

いざという時、不安を断ち切る確信を伴った

アドバイスが出来るかどうかも一流のキャディの資質だろう。

f:id:t6911:20190116164745p:plain

日本の試合なら、ハウスキャディでも勝てると思うが

アメリカツアーではそうはいかない。

飛距離も、持ってる技術もバケモノのような選手が

ゴマンといる世界最高レベルの世界で、

闘争心旺盛の屈強な男たちと伍して戦うためには、

選手とキャディの強力な意思疎通と揺るぎない信頼関係が

なければ太刀打ちできないのだ。

そしてその関係は、到底短期間で熟成できるものではない。

 

松山のアメリカツアーでのすべての勝利のそばには

いつも、寡黙に黒子の役割を黙々とこなす進藤キャディがいた。

 

世界ランクも30位に落ち、不調の中でもがいている

最近の松山を思うと、やはりキャディの重要さを

思わざるを得ない。

 

松山の次戦は、

1月24日開幕の「ファーマーズ・インシュランスオープン」

 

果たして、私の余計な心配を吹き飛ばせるか?

 

スポンサーリンク