達人の粋なゴルフスタイル

ゴルフは人生のようなもの 人生はスタイリッシュに

女子プロゴルファー「畑岡奈紗」の成人式の写真を眺め考えた:成人とは?成人式とは?

スポンサーリンク
 

 

地元茨城県笠間市主催の成人式に出席した

畑岡奈紗が綺麗にメイクしてもらい、

美しい振袖姿で写真に収まっていた。

 

f:id:t6911:20190115181730p:plain

 努力と強い精神力で切り開いた世界への道、

そして更なる飛躍を目指す彼女の顔は今、輝いている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

かつては全国各地で大荒れだった成人式。

 

年々、大人しくなってきたとはいえ、

どの時代にもやんちゃ坊主はいる。

今年も横浜で開催されたマンモス成人式では

酒飲んで暴走している子もいたし、

我が鳥取市でもちょっとしたドタバタもあった。

 

もちろん、立派な20歳もいるし、

問題を起こすのは、ごくごく一部の人間のやることだ。

 

ただただ目立ちたい、

その一心のように私には見える。

 

 その一部の人間にとって、

成人式がどんな意味を持つかなんて

どうでもいいことなんだろう。

 

大ぴらっに酒が飲めるくらいの

幼く、薄っぺらい心が見え隠れして仕方ない。

 

親に多額の負担をさせ、

綺麗な恰好をさせてもらってこの有様だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし一方、主催する側にもクエスチョンだ。

 

ディズニーランドで式をやってみたり、

熊本、阿蘇市の市長は、若者に受け狙いの

歌やパフォーマンス、

「U・S・A」もじって「A・S・O」だって。

恥ずかしくて見ちゃいられない。

 

そんなに迎合しなきゃならないの?

税金使って、媚び売る必要があるのか?

票目当ての選挙運動か?

 

私は意地悪くそんなことを思ってしまう。

スポンサーリンク
   

そもそも、そんなにめでたいの? 

 

祝ってあげるべきは、成人を迎えた本人じゃなく

親の方だろう。

成人式は、

ここまで育ててもらってありがとうだし、

誕生日だって、

この世に産んでくれてありがとうだ。

 

一人で生まれてきたわけじゃなく、

一人で大きくなったわけでもない。

 

親に感謝する日なんだ。

勘違いしちゃいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の20歳なんてのは、まだ子供?

 

今の成人式の原型といわれる

奈良時代に始まった元服

その儀式はふつう、11歳から16歳の内に行われたという。

少し早い印象があるが、その当時の平均寿命は

男性が33歳、女性が27歳、

だから決して早いわけではない。

 

人生100年時代の現代で、

20歳は、やはりまだ子供なのである。

 

選挙年齢が18歳に引き下げられたこともある。

そろそろ、成人の意味と成人式自体を見直す時期が

来たのではないか?

 

成人式を3回もやったことになるのに、

未だ、本当の大人になれたかどうか分からない私が

偉そうに言えるわけもないのだが、

 

バカ騒ぎはもうたくさんだ。

 

成人式ではなく、成人の日が残るとすれば、

その日は、

家族との記念写真や映像を残す日、

 

ささやかでいい、今までの20年を

家族で振り返りながら食事をする日、

 

感謝やお祝いの言葉が溢れる日、

 

f:id:t6911:20190116062943p:plain

そんな日になればいいな、と

私は夢想している。

 

 

スポンサーリンク